ketsudan

“20%:80%”から“5%:95%”に絞る

パレートの法則」は「80:20の法則」です。

20%の時間やエネルギーで、80%の成果を生み出す!」という思考や行動習慣を主張しています。「長期的な視野で時間やエネルギーをどのように活用するのか」という観点では、参考になります。
「ワークライフバランス」のような誤認が生じるワードを使うこのご時世には、「時間やエネルギーを能率的かつ効率よく使う」のほうが浸透しやすいのではないでしょうか!?

この「80:20の法則」を私の一存で、さらに絞ったものが「95:5の法則」になります。

「5%の人の行動」というニュアンスをもとに、目的実現のための思考習慣や行動習慣について考えてみました。

私の解釈をもとに別ブログで語っています。
→ テーマ「5%の人と95%の人の行動の違い