大人のメンタル強化と社会人スキルを磨く自己価値成長企画INSPIRING@ぷらぷらライフワーカー

キャリア・デザインのためのコーチング

  • HOME »
  • キャリア・デザインのためのコーチング
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

人生とは自分を見つけることではない。
人生とは自分を創ることである。

ノーベル文学賞受賞者のジョージ・バーナード・ショー

 

当方のコーチングは、自己の目的・使命を果たす自己超越実現のための「キャリア・デザイン』=人生設計を主としています。

中学・高校生・大学生、子持ち主婦、さらにミドルシニア層、そして定年を迎え起業を考えている方に是非取り組んで欲しい成長プロセスです。

なぜ、「成功」ではなく、「成長」なのか・・・それは、成長なくして成功はないからです。

成功は、成長の果実である。』と言われる所以です。

   ※「成功は成長の果実である」についてはコチラ>>

成功は物事の結果でしかなく、その結果のために人は考え、行動します。「考え方」「行動方法」などが違えば結果も変わってきます。それらは、各々が必要なタスクであり、成長段階の過程(プロセス)なのです。

成功は約束されていないが、成長は約束されている

誰もが成長することを経験し、体感しています。目的・使命や目標を定め、プロセスを踏まえた上で行動すれば成長していくのです。成長はゴールがあるわけではありませんから、自分のペースで確実に歩むことができます。自己実現のための成長を念頭に、成長する姿勢を自ら体現し、部下・後輩・子供達のロールモデルとなる存在になっていかなければならないと思っています。
※ ロールモデルとは、模範的な役割をもつ者のこと

 

「キャリアデザイン」の目的は「人間力アップ

careerdesignキャリアデザイン人間力

 ※イメージ図

「人間力」とは何か?・・・という問いについては、一般的には定まっていません。「力=パワー」とは違うものであり、他の「○○力」の部類とは比較されず一線を画すものだという意見については同感です。

曖昧な意味の「人間力」を目的とするのはナンセンスであるため、当方の「人間力」概念として、「自己の総合的な実現可能力」または「自己超越実現のための全人的統制力」としています。

これを、

 『パーソナル&ソーシャル・ケイパビリティ
personal&social.capability(=P&S.C.)と呼んでいます。

※名称が長いので、単純に「パーソナル・ケイパビリティ」とも呼んでいます。

 

キャリア・デザインによるパーソナル・ケイパビリティ

一般的に言われている「キャリア・デザイン」は、どうしても偏りがあります。
当方では、バランスを重視した実践を行なっていきます。

「キャリア・デザイン」による

パーソナル・ケイパビリティ
(正式には『パーソナル&ソーシャル・ケイパビリティ』)の強化を図っていきます。

※下図はイメージ図

パーソナル・ケイパビリティ概念図careerdesign,キャリアデザイン,パーソナルケイパビリティ キャリアデザイン簡略図
careerdesignキャリアデザイン

「キャリア・デザイン」は、個人の経験や環境などで大きく変わってきます。人生・生き方、仕事、役割、環境などに適した能力(キャリア)、目的・使命を果たす自己実現のために必要な能力(キャリア)を身に付け、バランスよくマネジメントしていくことになります。

その総合的な能力が『パーソナル&ソーシャル・ケイパビリティ』であり、実現可能力なのです。3大キャリア「メンタルスキル&静的キャリア&動的キャリア」の総合力であるとも言えます。

社会の中で目的・使命を果たす自己実現のためには、意思決定や自己制御(セルフ・コントロール)、備え持つ能力をバランスよく調整・統合するセルフ・マネジメント力などが必要です。キャリアを活性化させるために必要なエネルギーも重要課題として強化・増大を視野に入れていきます。

このようにキャリア・デザイン」は、ある意味「人生設計」です。
個人の目指す「パーソナル&ソーシャル・ケイパビリティ」を強化・醸成していくことになります

 

当方が考える「キャリア・デザイン」では、
3大パーソナルキャリアである「リーダーシップ・キャリア」「マネジメント・キャリア」「フォロワーシップ・キャリア」が、バランスよく成長することになり、それによって他者・社会に対して有効的な関係を構築し、共生・共創社会のベースを築くことが可能になるのです。

careerdesign3d_and

 

それらのコアとなるのが「メンタルスキル」(セルフ・リーダーシップ)であり、その向上によって「静・動的キャリア」を磨いていくことになるのです。何度も言いますが、バランスが大事です。
※バランスとは、均等ではなく、個人の役割に順応するという概念です。

※イメージ図

inspiringキャリアデザインメンタルスキルリーダーシップ

 

 

「キャリアデザイン」コーチング例

 

それらをバランスよく成長させていこうとする提案の一つとして「成長プロセス5S」があります。

キャリアデザイン成長プロセス5S「成長プロセス5S」の詳細については>>

 実際には、5つのプロセスということではなく、繰り返していきながらスパイラルアップ(レベルアップ)していくとお考えください。

当方コーチング例として、次のメンタル面を主としたプランがあります。

<メンタル面を主としたコーチング例>

「成長プロセス5S」を意識しながら、実際に行なうフローは、

inspiring_flow
です。これらを繰り返すことになります。

次のような内容があります。

inspiring_process5s自己企画キャリアデザイン
◆コーチングの方法について

・個人セッション ・個別コーチング(1回~複数回コース)
・団体コーチング(セミナー講義、チームコーチング)

キャリア・デザインのコーチングメニューはコチラ 

 

お問合せ、ご意見等はお気軽に。
お問い合わせフォーム

 

 

「キャリアデザイン」によるパーソナル・ケイパビリティについて>>

自己価値成長コーチング・セッションのお申込み

おススメBOOK

       
【ページアクセス数】
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。