プロ野球のイチロー(鈴木一朗)選手は、ご存知だと思います。

現在、米国マイアミ・マーリンズでご活躍中です。

イチロー鈴木一朗,Ichiro_Suzuki2015

(画像出所:Wikipedia)

ご存じない方は、Wikipedia(イチロー)にて。

 

今回は、イチロー選手自身のことではなく、

イチロー選手と五重塔との意外な共通点についてです。

 

何だと思いますか?

 

ちなみに、イチロー選手の信仰する宗派などは分かりません。

 

 

五重塔というと、全国各地にあるので、

修学旅行や観光旅行などで、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

私は、高校時代の課外活動で、東寺の五重塔を見たことがあります。

東寺五重塔,京都,Toji-temple-kyoto 法隆寺五重塔,Horyu-ji 興福寺五重塔,Kofuku-ji

(画像出所:Wikipediaより/左から、東寺五重塔、法隆寺五重塔、興福寺五重塔)

※それぞれ特徴があると思いますが、詳しいことを調べたわけではないので、多少の差異はあるかもしれません。

 

さて、共通点は見えてきましたか?

 

ヒントは、数字です。

 

 

イチロー選手に関する数字と言えば・・・

(野球を知らない人は、興味ないかもしれませんが 笑)

背番号 51、 守備 ライト(右翼手)=

 

もちろん、在籍チームによって別の背番号もありましたが、

イチロー選手が拘っていた背番号は、51です。

ヤンキース移籍時の背番号は、31でしたが、

が欲しかった」と説明しています。

 

守備についても、他ポジションでも上手な選手ですが、

やはりライトのイメージが強いですよね。

ライトは、ポジションを数字で表現すると、です。

学生時代の拘りのポジションは、投手()でした。

※高校時代、事故で投手から野手に変わりました。

 

さらに、

バッターの打順も、番で活躍している印象が強いですね。

 

それから、偶然かもしれませんが、プロ野球(オリックス)に入り、

最初に一軍で出場した日は、7月11日です。

 

寄せ集めかもしれませんが、

親の影響もあり、には拘っているイチロー選手です。

 

そんなイチロー選手の活躍という観点では、

」「」「の数字が現れます。

 

 

では、五重塔を見てみましょう。

 

五重塔にも、

」「」「の数字が現れます。

 

五重塔の上の部分を見たことありますか?

五重塔相輪,sourin

 

これは、「相輪」と呼ばれているものです。

細長い棒に、いくつもの部品が刺さっているように見えるものです。

 

これらにも、それぞれ名前があります。

※全てを説明するつもりはないので、知りたい方はWikipedia(相輪)にて。

 

その中で、「宝」という字が付いているものがあり、

最も上にある、五重塔の中でも重要とされているのが

「宝珠」と呼ばれている球体のもので、つ飾られています。

 

その下にある、円盤のようなものがつあります。

これらは、「宝輪(九輪)」と呼ばれているものです。

 

そして、五重塔の階層の建物部分です。

 

」「」「の数字が現れましたね。

 

そうです。

イチロー選手と五重塔の共通点は、」「」「の数字です。

 

イチロー選手が、長年活躍できるのは、

この」「」「が、ポイントになっているのかもしれません。

勿論、本人の並々ならぬ努力の成果なのですが 笑

 

 

ただ、私たちの生活の中に、数字というものの意味するものが数多くあると言われています。

個々人でも、普段から拘りの数字がある人もいますよね!?

私も、拘りの数字があります。

ビジネスにおいては、3と5です。(例えば、3についてはこの記事にて

でも、個人的には昔から、2が何となく好きなんですよね。

理由は・・・お会いしてお話しする時があれば、教えます。

 

4や9は、連想語として縁起が悪いとかいう人もいますが、

それは日本語の話しであって、

4と9は、とても重要な良い数字だという占い師さんもいます。

 

結局、「自分に適した数字は何か」ということを、考えた方がいいのかもしれません。

・・・数字に拘る必要もないのですが 苦笑

 

あなたは、拘りの数字ありますか?

その数字の共通するものを探してみると、面白いかもしれませんね。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中