LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

先延ばしする思考は、人生を停滞させる

by. 成長コーチ

 

「先延ばし」とは

 

「しなければならない行動を、合理的理由なしに遅延する行為、現象」

 

ご経験ありますか?

 

あるきっかけで、

「自分を変えたい」

「現状を変えたい」

 

と思いきや、

その後、何のアクションも起こさず、

 

「変わらないといけないと思うけど・・・」

と、思い続けている状況も「先延ばし」に該当するのだとすると、

合理的理由がない・・・ということになります。

 

tocana




 

「先延ばし」をする原因は何か?

 

現実逃避、不安・恐怖、傲慢、悪習、無秩序、

注意散漫、フラストレーション、自己中心的・・・

 

それ以外にも、

 

学習能力が乏しい、

自己管理技能が乏しい、

時間管理技能が不足・・・など

 

精神的心理的な原因もありますが、

個人のスキル的、マネジメント的なものも原因になっています。

 

 

「人はなぜ変われないのか?」・・・

 

 

それは、

心的エネルギーの衰退による、自己制御の失敗である

アンド

セルフ・コントロールの正負判断の誤判断

ではないかと考えています。

 

心的エネルギーは、心理学者カール・グスタフ・ユングの持論が有名ですが、奥が深いので簡単に言うと(個人的解釈かつ表面的な面のみ)、例えば、何かに集中した後の脱力感、あるいは一時的に何も手がつかない状態でボーっとなる(意識がどこかに飛んでしまうような)感覚など、その時に見えないエネルギーが消耗している状態であり、それが「心的エネルギー」だと考えられます。
その心的エネルギーは、「意識的エネルギー」と「無意志的エネルギー」とがあります。

 

意識的に主体性をもって何かに集中している時は

自己の意志で行動をコントロールしている「意識的エネルギー」が強く、

普段の行動や習慣、まんねりで行動している時は、

「意識的エネルギー」より「無意識的エネルギー」が強くなっています。

ですから、「心的エネルギーの衰退」とは

「意志的エネルギーの衰退」とも言えます。

 

「本当にやりたい!」ことでない限り、

そこに意識的にエネルギーを流すことが出来ず、

結果、やらなければならない事柄を「先延ばし」にしてしまうのです。

 

ようは、

目の前(短期的・一時的)の快楽、

好きなこと、楽なことを安易に優先してしまうこと。

 

将来変わることができる、あるいは

成長できる自分への膨大なメリット、

利得性を得るための大変な活動をする勇気がなく、

逃避している状態です。

 

「先延ばし」を改善する方法

 

ですから、行動経済学的面で

・快楽の遅延

・誘惑への抵抗

・不快事態に耐える

ことにより、

「先延ばし」の改善になるわけです。

 

しかし、そのように自己制御するためには、

複数の要因と心的エネルギーの復活が必要になります。

 

中には、

「変わらなければならない」行為のプロセスが

不明な方もいるかもしれません。

 

しかし先ずは、

今楽しみたいことではなく、

将来楽しい生活を送るために、今は何をすべきか、

という観点で、今やりたいことを探すこと。

 

将来のビジョン、そして自分なりのルール(価値観)を

見出だすことが先決です。

 

 

「先延ばし」は、現在進行形であり、人生プロセスの一つです。

 

そのプロセスを変更できるかどうかは、

結局他人ではなく、自分なんですね。

 

「自分を変えたい」ということで、

変な「自己啓発セミナー」に参加しても、

自分を変えることはできません。

自己啓発セミナーについての記事

 

それは、自己にベースがないから。

 

自己啓発が他者啓発になっている限り、

一生変わらないということです。

 

それでも、

自分を変えるためには行動ではなく、「活動」が必要です。

 

(画像出典;Lifehacker)

(画像出典;Lifehacker)

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて