LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

成長する活動には、3つのエネルギー(自己成長資源)が必要です。

それは、「心的エネルギー」「脳エネルギー」「身体的エネルギー」になります。

 

エネルギーとキャリアデザインcareer

 

この3つのエネルギーは、互いに影響し合い、共鳴・共振し合うものです。それぞれの高低が、自己成長の促進や成長速度に影響します。これらのバランスが悪い(一方のみが高い)場合、低いほうに引きずられることにもなり兼ねません。バランスを取るためにも、制御することがポイントになってきます。

自己成長させるこの3エネルギーは、日々の活動の中で増減させることができる、と思ってください。

 

スピリチュアル系、あるいはチャクラまたは氣(き)、と言われているものと同様かどうかは知りませんが、実生活で私が感じているものとして捉えています。

それでは、「心的エネルギー」「脳エネルギー」「身体的エネルギー」とは、どんなものなのでしょうかか。

 

「心的エネルギー」のイメージ・・・

 

分かりやすいイメージとして・・・何か好きな事柄(趣味・特技など)や仕事などに没頭するほど集中している時に注いでいる気力や情熱のようなもの。あるいは困っている人を見ると協助・援助する思いやり、子どもや愛犬愛猫などに接している時のテンション……このような時に発せられているエネルギーと言えます。

無気力・無関心・無感情といわれている場合の脱力しているようなものも、「心的エネルギー」に関連するものです。つまり心的エネルギーが低い状況は、自己成長を阻害していることになるわけです。

また「心的エネルギー」は、自己コントロール(自己制御)する資源でもあります。

注意散漫になる、誤断してしまう、決断できない、短気を起こす・・・などは「心的エネルギー」の低下です。

 

心理学者ピエール・ジャネやカール・ユングが言うところの「意識」と「無意識」で活用されるエネルギーも「心的エネルギー」になりますが、当方ではもう少し広い意図(広義)で使っています。

 

「脳エネルギー」のイメージ・・・

 

知性・理性に関係しており、頭が冴えている、勘がいい、あるいは想像力豊かな状態などは、このエネルギーに該当します。

論理的に考えることができる、アイデアが生まれる、構想を練ることができる、善悪の判断を的確に出来る、人と議論する・・・などは「脳エネルギー」が活性していると言えるでしょう。

例えば、
勉強や会議の後、あるいは試験・テストが全て終了した時、あるいは論理的に難しいクイズやパズルと行なった時・・・など、思考停止になるくらい放心状態になり、疲労が激しい時は寝てしまうようなことはないでしょうか?

この時に低下しているのが「脳エネルギー」です。

それ以外に、頻繁にスマホでSNSやアプリをチェックし決まった友達と連絡を取り合っている場合、考えるのが面倒でいつも誰かに決めてもらう(答えをもらう)ようにしている場合、・・・なども、「脳エネルギー」の低下が原因と考えることができます。

 

「身体的エネルギー」は、・・・

 

体力や健康状態、あるいは技術(スキル)などの、活動・行動に関するエネルギーです。

激しいスポーツをした後、病気の後、毎晩遅くまで仕事して睡眠不足が続いた時・・・などに、気力の減退、体力の限界を感じることはないでしょうか? 反復作業で手首や指を使い過ぎて腱鞘炎などになり、通常より上手に作業ができない状態になったりしたことはありませんか?

この時に低下しているのが「身体的エネルギー」です。

食べ過ぎや飲み過ぎ、甘い物の大量摂取などで、自己抑制ができず体重管理・コレステロール管理ができない場合、寝過ぎる場合、ヘビースモーカー、大量の飲酒・・・なども、「身体的エネルギー」の低下につながります。

目的に沿って、あるいは目標に向かって活動したいのに、頻繁に怪我、病気や体調不良になっていては、思うように事は進みません。もともと持病や身体障害のある人は、その状況を把握した上でエネルギーを活用していきますが、健康良好状態を保持できない人は、「身体的エネルギー」を高めていく必要があります。

さらに、どんなに素晴らしい知識・ノウハウを持っていても、どんなに体力や筋肉が発達していても、それを使いこなせる技術(スキル)やテクニックがなければ、成果を出せずに終わってしまいます。それらを活用するための源が「身体的エネルギー」ということです。

 

 

自己成長に関わる3エネルギー「心的エネルギー」「脳エネルギー」「身体的エネルギー」は、目的・使命を果たす(自己実現の)ためにも重要なものとなります。
かつ、
エネルギーである以上、日頃の活動・行為・思考などをするにあたって、常に流動してしまうものです。エネルギーが減れば、活動も緩やかになり、時には停滞することも。さらに、一方のエネルギーが高くても、一方が低すぎても支障が出ます。つまり、3つのバランスは無視できません。

バランスを考慮しながら、総合的かつ計画的に活動していくことをお勧めします。

 

 

 

エネルギー構成3要素

 

自己成長資源である3つのエネルギーは、主に3つの要素で構成されています。

それが、「ベクトル(方向)」「流束(強さ)」「ピューリティ(質)」です。

 

エネルギー構成要素とキャリアデザインcareer

 

 

ベクトル(方向)」は、エネルギーを集中させている方向。

流束(強さ)」は、集中していることに対するエネルギーの強さ。(複数に意識が向いている場合は、エネルギーが分散しているので各々は弱くなる)

ピューリティ(質)」は、エネルギーの質、純度。(純粋さ、誠実さ、不純さ、価値観、情熱、スピリッツなどを含めたもの。哲学的または思想的な真・善・美の濃さなど)

・・・となります。

 

通常「ベクトル」は、同時に複数方向へ向いています。マジカルナンバー(短期記憶)に関与するものです。例えば、音楽鑑賞ながらの読書、勉強中の趣味意識、会議中のアニメ妄想、悩みながらの睡眠、恐れながらのデート、自動車運転しながらの思考、などなど。

つまり、ベクトルが分散していることによって「流束」もバラバラ。強いほど、後々に残る、と言えます。その残り方が問題で、「ピューリティ」によって左右されます。結果が出ない、後味が悪い、疲労感漂う、モチベーションが下がる、などの場合は質が良くなかったからでしょう。
嫌々感、やらされている感がある時などは、質の悪いものとなり、エネルギー消耗だけが激しくなります。『大したことをやっていないのに疲れる』という人は、「ピューリティ」に問題があると疑えます。質を高めるために何が重要なのか、その都度見直すべきです。

さらに、依存的な意識や行動が多い場合、本来集中すべき方向に集中していない、可能性が高くなります。毎日同じことを繰り返していると、それが当たり前になり、(気分的に)楽になります。つまり、妥協です。主体性は乏しく「ピューリティ」が低いため、「流速」が強くても、発展性が阻害され成長が停滞します。ロボットのようにタスク(作業)をこなしているだけなのです。

 

普段の生活(活動)の中で蓄積、または消耗されていく各エネルギーは、「ベクトル(方向)」「流束(強さ)」「ピューリティ(質)」の3要素によって構成されています。それらを意識し、取り組んでいくことで、より良いエネルギーを活用することになるでしょう。

「心的エネルギー」「脳エネルギー」「身体的エネルギー」の活用の方法、充填の方法などを理解し、目的・使命を果たす(自己実現の)ための自己制御(セルフ・コントロール)、自己調整(セルフ・レギュレーション)を行なう必要があるのです。

 

 

「3つのエネルギー」と「3つの構成要素」が一つに集中(没頭)した時に起きている状態が、チクセントミハイ氏の言う「フロー状態」である、と私は考えています。
*参考;チクセントミハイ氏のフローについて(TEDより)

 

 

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中