「自己ブランディング」は、

近年の「セルフ・ブランディング」や

「パーソナル・ブランディング」のことを言います。

※呼称と定義は様々なので、自己ブランディングで進めます

 

では、

「自己ブランディング」のベースとなるのは、

「個性」でしょうか? 「人格」でしょうか?

そもそも、

「個性」と「人格」とは、何が違うのでしょうか?

「ブランディング」との関わりは?

 

Brand + ing

ブランド + イング

 

現在進行形です。

”継続する” ことと捉えていきます。

では「ブランド」とは?・・・

詳細は割愛しますが、一言で表すと「約束」。

つまり「約束を継続すること」が、

「ブランディング」である、と考えられます。

 

 

最近、ビジネス・事業をスタートする方の中で、

あるいはその人たちに対して、

先ず「ブランディング」することを強調し、

そこからビジネス展開、起業を促す傾向が伺えます。

 

確かに「ブランディング」そのものは、

資産価値(ブランドエクイティ論)になるほど

重要なことであるため、私も

企業、個人事業に関わらず、推奨しています。

ですが、

「ブランディング」を誤解してしまうと、

意味を成しません。

 

もし・・・

(個人のブランディングの場合の)

「ブランドとは、・・・」

”個性”、”自分らしさ”、”キャラクター”・・・

そのようなコトバで解決している

ビジネス塾の先生やセミナー講師がいたら、

少し突っ込んだ質問をしてみて下さい。

 

「”個性”とは何ですか?」

「”自分らしさ”とはどういうことでしょう?」

「”キャラクター”って、演じればいいのですか?」

・・・と。

 

それに対して、

「本来の自分だよ!」

「今自分の持っているものだよ!」

「自身の強みだよ!」

「自分で考えて!」

・・・こんな返答が返ってきたら、アウト!!

そんな人から「ブランディング」を教わっても、

永久にブランドは出来ないでしょう。

 

*「ブランディング」方法などについては

別ページにて説明しております。

参考:”私”をブランド化する戦略〜はコチラ>>

 

 

「個性」と「人格」の違いについて

 

「個性」と「人格」とは、何が違うのでしょうか?

 

日本人が日常使う「個性」「人格」と、

欧州や米国でのそれは、微妙に違います。

英訳すると、両方とも”Personality”です。

Character、Identityなども関係してきます。

Personalityは、ペルソナが語源だから……とか、

心理学者ユングが、フロイトが、……とか。

つまり、解釈は多々あるのです。

 

さらに、この意とするものが

「個性主義」的、「人格主義」的、

であるとするならば、

もっと深〜い話しになってきます。

 

ここでは、私なりの解釈です。

 

「個性」は、

遺伝的、生理的、性質的、対外的、体系的、

そして産まれ育った環境に

大きく依存している傾向が強いということ。

日本では、他人との違いを表現するために

「自分らしさ」と言われているもの。

 

「人格」は、

後天的、心理・哲学的、性格的、内在的、象徴的、

そして環境(周囲)に

影響を与えるものであるということ。

日本では、道徳的な意味合いが強く、

「人格者」「人間性」などと言われるもの。

 

例えば、次の写真。

 

徹子の部屋に出演したレディーガガさん

 

「個性」が溢れていますが、「人格」は不明です。

 

では、次の写真。

 

南アフリカの国立児童福祉センターでのガガさん

 

「人格」を現している行動、生き方です。

彼女の体験による内在的なものが反映しているのでしょう。

(※ちなみにガガのファンではありません。照)

 

例えば、次のような行動は、どちらでしょう?

 

●歩いている時に空き缶を拾い、ゴミ箱に捨てた。

これは、個性ですか? 人格ですか?

……より「人格」になると思います。

●捨ててある空き缶を立て、蹴ってゴミ箱に入れた。

これは、個性ですか? 人格ですか?

……より「個性」に近いと思います。

 

●街中で、ちょっとの段差に苦労している車いすの人に
「手伝いましょうか?」と声をかけ、「お願いします」
と了解を得て、車いすを押してあげる。

これは、個性ですか? 人格ですか?

……より「人格」になると思います。

●街中で、ちょっとの段差に苦労している車いすの人に
何も言わず、後ろから押してあげる。

これは、個性ですか? 人格ですか?

……どちらというと「個性」かと。

 

●スーパーの駐車場で、急いでいたため、
枠内ではあったが、斜めに停めて買い物をした。

●スーパーの駐車場で、急いでいたため、
一番近い、身体障害者用駐車場に停めて買い物をした。

これらは、個性ですか? 人格ですか?

 

極端な例での質問です。

●刃渡り20センチの包丁を、何に使いますか?

「料理に使います」
「リンゴの皮を剥きます」
「人を刺す道具です」

……より「人格」に近いはずです。

「個性」的、ではありませんからね。

しかし、

「(曲芸で)投げて風船を割ります」
「美しさ故にコレクションにします」

……より「個性」になるのでしょう。

包丁の使い方は人によって変わる、という点で、

親が子に教える場合は、

「人格」面、「個性」面、どちらを優先しますか?

 

この考え方は、会社内でも使えます。

企業の従業員に対する扱い方や、

従業員の顧客に対する接し方も、

人によって変わる、ということを踏まえた上で、

「人格」面、「個性」面、どちらを優先するのか?

と、考えさせられるポイントになるはずです。

 

他人に対して約束をし、それを守る前に、
まず自分自身に対する約束をし、
その約束を守らなければならない。
また、
人格よりも個性を優先することは愚かなことであり、
自分自身を改善せずに他の人との関係を
改善しようとすることは意味のないことだ。

by.スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」より

 

 




ブランディング」をする前にするべきこと

 

今回お伝えしたいのは、

「個性」より「人格」を磨こう

 

ということ。

「個性」と「人格」の境界線は、

正直不明瞭です。しかし、

どちらが優先的であり、有効的かというと、

「人格」を優先すべき、と考えています。

 

「個性」を否定するのではなく、

「人格」あっての「個性」ということです。

 

「ブランディング」においても、

同様のことが言えます。

 

「ブランディング」を

「個性」・・・いわゆる

他者との外的差異化のための戦術と

単純解釈してしまった結果、

色々な課題が浮き彫りになってきています。

 

大手外資系企業の店員Twitter炎上事件。

某乳飲料メーカーの集団食中毒事件。

冷凍食品工場での安全衛生管理体制問題。

飲食店などでの従業員の裸体画像投稿問題。

賞味期限偽装事件。

従業員の過労による自殺、労災事件。

などなど。

これらは

「個性」の問題ですか?「人格」の問題ですか?

 

失敗するリーダーの90%は人格に原因がある。

by.スティーブン・R・コヴィー氏

 

 

「ブランディング」の

基本要素、構造、役割、価値、意図・・・

本質を無視し、蔑ろにした、

個性主義、利益主義、自己主義による結果が

昨今の企業、個人の姿勢だということです。

 

では、疎かにしてきた

「ブランディング」の構造とは、何でしょうか?

 

それは、

インナーブランドです!

 

一般的に言われる「ブランディング」とは、

個性に該当する「アウターブランド がほとんど。

人格に該当するのが「インナーブランドです。

これを磨き忘れたがために、

「アウターブランド」が大きく成長するにつれ、

その成果と栄光に酔いしれ、

ある日、ちょっとした失敗、問題、事件で、

一気に崩れさってしまったのです。

 

この「インナーブランド」と

「アウターブランド」の概念は、

目新しいものではなく

日本でも1990年代には

伝えられていたものです。

強化すべきだと再確認の声もあったほど、なのに。

 

それを忠実に行なった企業(経営者)・個人と

蔑ろにした企業(経営者)・個人の差は、

歴然としているかもしれません。

 

1990年代、ITバブル絶頂から崩壊した時、

生き残った企業といなくなった企業でも

何となく理解することができます。

 

本来のブランド構造(一部)は

下図にもあるように、

「インナーブランド」がコアとなり、

「アウターブランド」が形成され、

世に広めることができる、と考えています。

 

brand,ブランド構造

 

核のない細胞は死んでいくように、

インナーブランドの弱い企業・個人は

衰退するしかない、

そんな時代になったわけです。

 

先ほどの図を見て、

ご存知の方はお気づきかもしれません。

そう。

 

コヴィー氏の著書「7つの習慣」の

最初に出てくる

インサイドアウト」の概念

と同じなのです。

inside-out,インサイドアウト,7つの習慣

 

コヴィー氏は、

自身の内部形成、いわゆる

人格を確実に形成しながら、

それが言動となり、そして

外部(周囲)に影響を与える

としています。

 

ただ、その人格形成は当然、

今日明日では出来上がりません。

形成するためには長期的な視点で、

習慣化が必要としています。

 

しかしながら、

人間は面倒なことが”嫌い”です。

楽をしたい気持ちは、誰にもあります。

 

「今、楽をしたい人」か

「将来楽になりたい人」か、

その活動は、当然違ってきます。

 

「今、楽をしたい人」は、

「インサイドアウト」ではなく、

「アウトサイドイン」になりやすいわけです。

だから、常にテクニックを追い続けるのです。

 

inside-out,インサイドアウト,アウトサイドイン,7つの習慣

 

 

「インサイドアウト」については、

別の機会にお話しするとして、

これからの「ブランディング」は、

「人格」である「インナーブランド」と

「個性」である「アウターブランド」の

相対関係をしっかりと理解し、

今何をすべきかを明確にし、

早急に実践できるように

計画を立てていく必要があると言えます。

 

上辺だけの「アウターブランド」だけではなく、

内面の「インナーブランド」の強化のために、

人格形成、人格育成に力を入れるのは

当然の話しだと思うのですが、・・・

如何でしょうか!?

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて