LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

「カオス」とは混沌と訳されるのですが、

混沌と言っても、・・・何だろう?って感じでしょう。

カオス」とは、

ギリシャ神話に出てくる原初神で、

有限を超越する無限を・・・と

言っても余計に分からないので、

一般的イメージだと、宇宙が出来る前の状態がカオス。

ですが、チリが集まって地球が誕生する瞬間も

カオスの状態としてもいいような・・・

(どちらでもいいですね)

chaos2

 

さて今回のテーマは「カオス理論(決定論的カオス)」。

科学でも予測が事実上不可能な状態、とされているものです。

 

と言っても、難しいことを語るつもりはなく、

(というより、説明できない 笑)

人間の「アイデア」と「カオス」で考えてみたいと思います。

 

脳のカオスの領域

 

人がアイデアを出す時に、

アイデアを出そう!出そう!……

としても出てきませんよね。

 

どちらかというと、

入浴中や休暇中などのリフレッシュしている時、

あるいはトイレの中で用を足している時、

アイデア意識がどこかへ飛んでしまっているような時、

などに、瞬間的に閃くような感じがします。

aidea

 

この際、脳内で「意識」と「無意識」の間で、

情報伝達、あるいはエネルギーの流れが生じているのですが、

何かの拍子に、繋がる(?)、ぶつかる(?)ような……

本当に電通して電気が点いてしまう感じなのでしょう。

それが「アイデア」になります。

(脳科学的神経細胞の話しではありません)

 

そこでの「意識」と「無意識」というのは、

学説上でも明確な境界線(ライン)が

あるわけではないようです。

脳の部位の働きからすると区別されている?

のかもしれませんが、私は、

「意識」と「無意識」の狭間(混在?)が

今テーマの「カオス」状態ではないかと思ったのです。

 

勝手なイメージですが、「意識」が街・都市であれば、

「無意識」はそれを取り囲んでいる霧の中の町・村。

それらを繋ぐ道路などが数多くあるわけですが、

霧の中でも何となくぼんやり見える景色、がカオス。

天候不順で「視界●●メートル」という表現がありますよね。

視界としての距離が短いと道路では速く走れませんが、

視界の距離が長いとぼんやりでも先が見えるので走りやすい。

 

この「カオス」は無の領域ではなく、有の領域で、

エネルギーが常に行ったり来たり、

速くなったり遅くなったりしており、

その領域で、アイデアとして起こりやすいのだと思っています。

 

(脳内で)道路が沢山巡らされていて、

毎日新しい道路が出来たり、閉鎖されたり、

工事していたり、・・・とそんなある日、

出会うはずもない人と出会ってしまって、

一目惚れしてしまったドキドキ感・・・これが

アイデア

(そこから結婚できたら、イノベーション!)

 

アイデアが出る、出ないは、

その道路が沢山あるのか・・・にも影響されると思うので、

道路を沢山造るために、知識や経験などを増やす必要があります。

脳科学的にいうところの「シナプス」(情報伝達放出場所)ですね。

Intuition2

 

 

さて、ここで・・・

 

天才発明家ニコラ・テスラの名言に(別記事あり)、

直観は、知識を超越するものである。』とし、

演繹的な論理や計画的な努力は、取るに足らない。

とあるのですが、つまり

『直観』というものを高く評価していると判断できます。

 

『直観』

 

『直観』とは(Wikipediaより

知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式である。・・・知識の形式とは異なっている。・・・
直観は本能とは異なっている。本能は必ずしも経験的な要素を必要としない。・・・
心理学において、直観は問題の有効な解決方法を知り、意思決定を行う能力を含んでいる。

 

『直観』は知識や経験があってのものということです。

さらに、

一般的に、しばしば直観は第六感として受け止められる。明らかに人間の内部では数多くの無意識の過程が発生しており、それらの無意識の信号が充分に強くなれば、意識として経験される。・・
・・・直観に貢献する情報は、人間が気にも留めない周囲の環境の差異に対する、ほとんど無自覚的な観察から得られる

※ちなみに、「直観」と「直感」は違うようです。

 

テスラの言う『直観』がアイデアとするなら、

「無自覚的な観察から得られる」・・・、つまり

意識していない観察(イメージでも良い?)中に、

生じさせる(得られる)可能性があるわけです。

 

その「無自覚的な観察」の場所を

カオスとすることも出来るのではないかと……。

 

 

「カオス理論(力学)」的には、

初期値の精度の誤差によって、結果にもズレが生じるということで、

その初期値は無限であるが故に、予測不可能であるという理論です。

 

人間の「意識」「無意識」の世界って、初期値は無限だと思うのです。

生まれてからで考えても、人によって環境などは違います。

遺伝や生態的、生得的なものまで考慮すると、

先祖代々まで含まれてきます。

 

「あいつの行動、予測不可能だよなぁ」とか

「あの子の考え、予測できない」とか稀に聞きますよね。

そんな人が周囲にいませんか?

 

アイデアを出す行為は、予測不可能なわけです。

 

テスラが言うように、

演繹的論理とか計画的な努力」なるものは、

人によっては予測できるものもあったりしますが、

それを超える『直観』が、予測できないものとするなら、

私はそれを生み出すであろう脳内のカオスは、

広い方がいいであろう、と考えました。

 

例えとしての数値で表現すると、

5%が「意識」で、95%が「無意識」と言う人もいれば、

10%が「意識」で、90%が「無意識」と言う人もいれば、

1%が「意識」で、99%が「無意識」と言う人もいるわけです。

 

もし、(例えとして)

1%が「意識」で、99%が「無意識」とした場合ですが、

99%の「無意識」のうちの4%から9%が「カオスの領域」と考えて、

4%より9%の方が、よりアイデアを得るのに良い、

のではないかと思うのです。

 

そのためには、「もっと知識と経験を積みましょう

ということになるのですが・・・!

 

さらに考えると、普段の生活習慣、マインドなども重要であり、

いかに自分が予測不可能な状態を作れるかということでしょう。

 

Intuition

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中