個人レベルで「リーダーシップ」「マネジメント」「フォロワーシップ」を磨く必要があると感じています。家庭・地域・コミュニティにも役に立ちますし、会社・組織・チームでも活かされるキャリアです。それらを修得するための有効なモデルとして挙げられるのが、今回の「70:20:10の法則」についてです。

 

「70・20・10の法則」

人が成長するための参考法則として、「70:20:10の法則」があります。
(ロミンガー社やCCLなどの研究)

※下図は、著者作成

702010model

 

これは、実際の調査による結果として、リーダーになった人たちによるリーダーシップの身につける方法が、

70%が経験、20%が薫陶(くんとう)、10%が学習・研修

というものです。

経験とは、仕事や実務・実体験で、当然チャレンジし失敗することも含まれます。

薫陶とは、上司、先輩、メンターからの必要な教示・経験談などです。

学習・研修は、学びや気付きを得られる機会と考えてください。

 

この法則について、私はインプットとアウトプットのバランスと捉えており、アウトプット(実践・経験など)からの学習・修得が重要であることを伝えているものと考えます。

例えば、
1日8時間の仕事があるのなら、家で48分以上は勉強する。月に20日間の実践があるなら、2日分の研修・勉強会の場が必要だということになります。

当然、目的・ビジョンがあっての活動になりますが・・・・。

 

正直、私の経験上の話しなので、一概には言えませんが、この「70:20:10の法則」より、
70:10:20モデル」の方が納得できそうです。
※「70:10:20モデル」は私個人的な概念です。

701020new-model,702010の新法則

 

学習や教育によって得られた知識をもとに、メンターからの助言を踏まえながら試行錯誤していくことです。

時には、メンターやコーチとなる人が近くにいないかもしれません。その場合は、試行・経験を積んで得るしかないと思うのです。

キャリアデザインをどのように行なうのか、アウトプットをどう行なうのか、大事なことになってきます。

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて