コーピングスキル

 

ストレス・コーピングスキルをご存知ですか?

これはストレスに対応・対処する術(スキル)のことを言います。

 

 

そして、「コーピングスキル」は、「ストレスマネジメント」の一プロセスでもあります。

 

心理学的な内容なので、かなり奥が深いのですが・・・

コーピングの研究で有名な方が、リチャード・S・ラザルス(心理学者)です。

ご興味ある方は、是非読んでみて下さい。

 

 

さて・・・

ストレス社会に生きる私たち人間としては、このストレスを、どのように対応・対処するか・・・

ということを、個々人で真剣に考え、向き合う必要があります。

 

私の場合、ここ10数年、ストレスを過度に感じたことはありません。

普通に失敗もありますし、揉め事も多々あります。

ですから、感情的になったり、瞬間的にイライラもします。

ですが、自分の中に質の悪いストレスを残さないように、

コントロールしてきた結果だと思っています。

 

専門的な知識を得る必要はなく、プロのカウンセルを受ける必要もなく、

社会的な観点で、仕事に必要な「スキル(キャリア)」のベースとなる

メンタルスキル」を確立するために、

この「コーピングスキル」は、当然身につけるべきものと思い、

今回、基本的な内容を簡単に記事にしました。

※仕事の「スキル」ばかり追求している人は、いつか心身共に潰れますよ。

※誤解がないように・・・自分でできない場合は専門家のカウンセルを受けて下さい。

 




コーピングスキルについて

 

・・・の前に、ストレスの要因「ストレッサー」について

ストレッサーとは、ストレスの要因となるもので、外的・内的因子があり、次のようのものです。ただし、同条件であっても、個々人で相違します。

● 物理的ストレッサー

(暑さ、寒さ、騒音、紫外線など)

● 化学的ストレッサー

(酸素欠乏・過剰、栄養不足、薬物など)

● 生物的ストレッサー

(病気、感染、怪我、運動不足など)

● 心理的ストレッサー

(精神的苦痛、不安、怒りなど)

● 社会的ストレッサー

(人間関係、経済情勢、情報過多など)

 

また、ストレスは全てが悪ではなく、善もあるということです。

例えば、スポーツする時や新しいことへのチャレンジなどのストレスは、

適度であれば、優位に働くことが多々あります。

 

今回は、悪のストレスとした場合です。

 

コーピングスキルには、大きく2分類されています。

問題焦点型

情動焦点型

 

サラリーマン的に分かりやすく言うと、理不尽な(嫌な)上司や先輩がいる場合、

真っ向勝負型と、意識から遠ざける型です。

 

真っ向勝負型(問題焦点型とは

(対決・ケンカではないですからね 笑)

問題を理解し、評価し、”直接” 解決・改善・打破しようと行動です。

ただし、

この場合は、状況悪化によるストレス増の可能性を秘めています

 

意識から遠ざける型(情動焦点型とは

ストレスを感じる場面での自らの感情を抑制するために、

「大したことではない」

「我慢しよう」

「時間が経てば収まるかな」・・・

と、その場を回避、放置することで、気持ちをコントロールする、または

リラクゼーション(ストレス解消法)などで他に意識をズラしたりする行動です。

ただし、

この場合は、ストレスの要因(ストレッサー)が改善、解決されているわけではないので、

同じ場面が今後もある可能性が高いということです。

 

stress,ストレス

 

 

では、もう少し細かくコーピングを確認していきます。

ストレッサー(ストレス因子)に対して人間はどのように対処するのか・・・

8つのパターンがあります。

 

問題焦点型」としては、

  • 計画型対処法(問題を理解し、計画的な回避策を)
  • 対決型対処法(直接話し合い、チャレンジ、対面策)
  • 肯定評価型対処法(因子にではなく自身の意識を変える策、悟りタイプ)

情動焦点型」としては、

  • 自己コントロール型対処法(意識による軽減、乗り切る)
  • 逃避型対処法(他でストレス発散、八つ当たり、解消策)
  • 隔離型対処法(無視、意識から遠ざける、近寄らない)
  • 希望型対処法(誰かが助けてくれる、なくなるのを待つ)
  • 諦め型対処法(いつか何とかなる、という前向き思考)

 

大半の人(が経験している)は、逃避型隔離型ではないでしょうか。

 

どれが間違いで、どれが正しい、ということではなく、

その人、その場面に合わせた対処法を行なうことが必要です。

 

ただし、

逃避型希望型などは、根本的な解決には至らないので、

ストレッサーとして悪化することも懸念されます

 

前記した8つのパターンをさらに積極タイプと消極タイプに分類した時、

問題焦点型積極タイプのコーピング

情動焦点型積極タイプのコーピング

 

をおススメするのは当然ですよね。

 

問題焦点型積極タイプは、

直接・間接どちらにせよ、問題自体の解決にフォーカスしますので、

ストレッサー自体に変化は生じます。

 

情動焦点型積極タイプは、

自身の変化にフォーカスします。ようは気分転換です。

リラクセーション、ストレッチ、運動、趣味、

笑う、泣く、人との会話、美味しい食事、旅、

そして、人に相談する・・・などです。

 

※深酒等はよくないですよ。健康にも 笑

 

コーピングスキルは複数もつこと

 

このような対処法(コーピング)を一つしか持ち合わせない人は、

現在のストレッサーに対して、いくつかの対処法を試みて下さい。

 

なぜなら、

同じストレッサーに対してのコーピングは人によって違う!ということです。

 

コーピングを間違えると、

ストレスが継続する、あるいは悪化する可能性が大きいために、

いち早くコーピングスキルを身につけることが得策です。

 

この考えは、

ストレスだから悪いよ!・・・ということを言いたいのではなく、

ビジネス的観点で言うと、リスク・マネジメントと同様だからです。

 

そのストレッサーを、

リスクの因子であると考えれば、リスクマネジメントすることで、

将来の起こり得る損失・損害を回避、低減、転嫁させることができるように、

各々のストレッサーが将来、損失・損害(関係悪化、業務支障、病気など)を

およぼす可能性があると判断できれば、

逃避するのではなく、コントロールすることが不可欠であると思うはずです。

 

そのために、

ストレス・マネジメント

があるのです。

 

この件は、

別ページ「心幹強化ストレス・マネジメント」にてお話しします。

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて

 




 

ストレス関連記事

無意識ストレスは危うい

心幹強化ストレス・マネジメント

ストレスを味方にすることが大事