LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

「ファッションは、見られるためにある!」

 

初頭効果,ファッション

 

・・・・・・・・・えっ?

 

「ファッションのことがよく分からないよ」

 

という方は実際多いので安心してください。

以前の私もそうでしたから(笑)

 

ただ、

ファッションに興味ないからといって、

自分にとって楽(雑)な格好を

していてはいけないことも事実。

 

※今日の記事は、

ビジネス目線、消費者目線両方で捉えて下さい。

ビジネスにおいても、プラベートの人間関係でも

まず、「第一印象」

ファースト・インプレッションが重要

です。

 

心理学的には、

「初頭効果」

というものがあります。

これは、初めて会った際1~6秒くらいで

ファースト・インプレッション

ついて(記憶して)しまうと言われているものです。

 

TV出演などで有名なある脳科学博士は、

0.5秒で決定づける!

ともおっしゃられているくらい、

この「初頭効果」は重要であることを意識しましょう。

 

ラベリング」にも繋がるわけですからね。

 

有名なコトバとして

メラビアンの法則

を多分ご存知だと思います。

周囲に人に印象を与える要素として、

55%(実際に%は気にしないでください)は、

視覚情報からであり、

ここでいうファッションや身嗜みなどです。

 

Ex.

もしあなたが(男性の場合)、とても「清潔・清楚な女性」と、
「髪ボサボサでお化粧もできてないような女性」に、
『お食事ご一緒してもよろしいですか?』と近寄ってきた時、
どちらの方が受け入れやすいですか?

Ex.

もしあなたが(女性の場合)、後方からとても素敵なシブい声の男性と、
声の小さいカスれた声の男性に、「道を教えて頂けませんか?」と尋ねられた時、
振り返ると、シブい声の男性(パンク系の格好で、くわえタバコの男性)、
あるいはカスレタ声の男性(たまたま風邪で喉がやられていたモデルっぽい男性)
という場合、どちらの方がテンション上がりますか?

 

ということで、

視覚情報である「第一印象」が

ポイントであるということです。

 

女性は、ファッション雑誌やSNSなどを

利用して、ファッションチェックを

している方が多いと思うのですが、

男性はそこまでやる人って、

実は多くないような気がします。

 

というより、

教わるとか、誰かに注意されるとか

あまりないからなのかもしれません。

 

そこで、男性に対する

ファッションアドバイザーのビジネスは効果的です。

 

ここで、ただ

「こんなファッションが流行りです!」

では差別化も何もありゃしない・・・。

 

ファッションに興味のない人、

ファッションセンスのない人などは、

普段お洒落しないので、

ある場面だけお洒落にしていこうとなると、

とても悩んでしまいます。

悩まない場合は、鈍感なだけです。

 

そこに、ビジネスになるネタが潜んでいます。

 

ご参考に。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております
自己をビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を発信中です