LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

そもそも

「恋愛」とは?

 

普通に考えると、異性に対しての感情の一つ。

Wikipediaによると、

Cupidon

『人間が他人に対して抱く情緒的で

親密な関係を希求する感情で、また、

その感情に基づいた一連の恋慕(れんぼ)に満ちた

態度や行動を伴うものである。』

愛の神クピードー(キューピッド)の写真[wikipediaより]

 

と書いてあります。

 

「恋愛」は、

「恋」と「愛」に分けることが出来ます。


個人的な解釈として、

「恋」は感情・気持ちであり、

「愛」は行動・態度です。

 

『~感情に基づいた一連の恋慕(れんぼ)に

満ちた態度や行動・・・』

 

そう!

態度” や ”行動” という具体的に表現されることがなければ、

ただの気持ちで終わりなのです。

 

どんなに愛(いと)しい、慕(した)う気持ちが強くても

行動がなければ、誰も気づいてくれません。

 

「それでもイイ!」・・・・と

言う人も当然いますが、しかし発展させていくためには”行動”が必要なんです。

 

そこから、人は成長するのではないのですか。

 

男性だけで発展してきた時代はありません。

女性だけで発展してきた時代もないですよね。

 

常に、”男性”と”女性”の関係で、人間界は発展、成長してきたわけです。

 

 

ここまで読まれたあなたならお解りでしょう。

 

ビジネス(&仕事)の世界も同様なのです。

 

顧客」との関係。

気持ちだけでは伝わりません。具体的な行動が必要です。

 

会社(個人事業も含め)だけで発展してきた時代はありません。

顧客(市場・マーケットなど)だけで進化してきた時代もありません。

 

常に一心同体であり、共存共栄なのです。

 

人間関係も同様です。

 

「人のためになりたい」

と思っていても、行動しなければ意味を成しません。

ついでに、

行動しても的が外れていれば何の役にも立ちません。

 

確かに、恋愛にはポジティブでも、

ビジネス(対顧客)には億劫である方もいますが、原理は同じだと思うのです。

 

どちらしても、

直接的または間接的に人との関わりが生じます。

 

もっと楽しく、もっと誠実に、もっと先を見通せる

そんな人間関係が築ければなぁ~・・・と思うのです。

 

”恋愛”とは・・・?

”顧客との関係”とは・・・?

 

あなたなら、どう応えることができますか。

 

 

心理学者スタンバーグ(Robert Sternberg)により唱えられた、

愛の三角理論

 

”愛情”は次の3つの要素で構成されている・・・という説です。

その3つの要素とは、

 

(1)親密性Intimacy)—

好意、愛(いと)おしいさなどの情緒的・感情的要素

(2)情熱Passion)—

心的・身体的な繋がりへの衝動を含む、動機的要素

(3)献身・コミットメントCommitment)—

関係を維持しようとする意志・責任、認知的要素

 

愛の三角理論

 

そして、この3つの強さのバランスによって、

以下のような様々なタイプに分けられています。

完全愛型

3つ全ての要素のバランスがよく、
理想的な「愛」の形

好愛、好意型

親密性が強く、情熱とコミットメントが弱い
「好意」を持っている関係

心酔愛、のぼせ型

情熱のみが強く、親密性とコミットメントが弱い
「一目惚れ」などの関係

虚愛、うつろ型

コミットメントだけが強い好意も情熱も薄れ、
関係だけがむなしく長く続いている関係

情愛、ロマンティック型

親密性と情熱が強いコミットメントが弱い
当初は心身共に情熱的だが、長続きしない傾向
ハリウッド俳優の恋愛などに多いタイプ

友愛型

親密性とコミットメントが強いが、情熱が弱い
友情の延長で恋愛になったケースで、
「友情関係」に近い関係

愚かな愛型、フェチュアスな愛

情熱とコミットメントが
強く、親密性が弱い
いわゆる「身体だけで繋がっている」関係

非愛型

3つ全てが弱い。または、ない関係

 

 

さて、

これをビジネスに置き換えてみましょう。

 

親密性・・・顧客は愛(いと)しい存在ですか?

情熱・・・・情熱をもって接していますか?

コミットメント・・・責任感を持っていますか?

 

顧客との関係を継続する上で、この3つの要素は必要ですよね。

かつバランスよく存在する必要があります。

 

8つの型については、個々人で想像してもらうとして、

愛の三角理論と「顧客との関係」は、「情」という観点から類似しています。

(無理矢理ですが 笑)

 

さらに、3つの要素の強さは、関係ある期間が長くなるにつれ変化していきます。

「愛の三角理論」では、平均的な変化の傾向は以下の通りです。

 

(1) 親密性

付き合う期間が長くなるにつれ、
徐々に強くなり、その後、一定になる

(2) 情熱

付き合い始めに急激に盛りあがり、
しばらくすると弱まる

(3) 献身・コミットメント

付き合う期間が長くなるにつれ、
スピードを上げて強くなり、徐々に一定になる

 

3つのバランスを保つためにもメンタルが大切だということが言えます。

 

最後に、

ここで私がお伝えしたいのは、「顧客との関係性強化」を図り、

継続していくための3つの要素にかなり似ているとということです。

 

それが、

R・A・C

 

rac

 

(1) Reality(リアリティ)→ 同意

(2) Affinity(アフィニティ)→ 親近感

(3) Communication → コミュニケーション

 

恋愛についても、顧客とのビジネス関係性においても、

人間関係ということを考えれば、その構築をするにあたって、

変わることはさほどないと言えます。

 

どれだけバランスよく関係性を構築し、そして継続していくかということです。

 

R・A・Cの詳細については、別の機会に。