LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

ブランド志向、ブランドイメージなどの表現を見ても、ブランド」とは、顧客(他者・市場)が持っているイメージ、概念だということです。ブランド力があった企業・老舗や著名人が、不祥事・事件によってブランドイメージが崩れると、最悪は倒産、閉店、淘汰されます。規模は関係ありません。しかし、ブランドイメージは個人個人が持つものであるため、不祥事があっても人によっては「対岸の火事」であり、それほどイメージダウンにならないことも事実あります。
ブランドイメージを作るには時間と労力がかかります。イメージダウンは一瞬です。一度イメージダウンになるとそれを元に戻すのは至難の業なのです。

 

一般的に言われているブランド・イメージとは、ブランド力によると考えられます。

 

企業の最近の不祥事と言えば、

食品会社や飲食店、ホテルなどを思い浮かべます。

船場吉兆事件やミートホープ偽装事件・・・廃業しました。

雪印牛肉偽装事件石屋製菓白い恋人賞味期限改ざん事件・・・現存。

 

このような不祥事は、大抵の場合「内部告発」で発覚するのであって、

内部告発がなければ消費者には見えない部分でもあります。

 

ただ、

廃業するか、現存するかは、その時の不祥事内容にもよるでしょうし、

損害賠償などの費用(出費)額にもよるでしょう。

消費者側の感情的受容(受止め方)の差異もあると思うのです。

 

もし、同じような不祥事だったとして、

「あなたなら、許せる」

「あなたなら、許せない」

ということです。

 

勿論、100%全員が同じ意見になるとは思いませんが、

許せる、許せないの比率の差は何か・・・

 

私は、(その一つとして)「ブランド力』があるのではないかと思っています。

 

 

ブランド力

 

人物の不祥事で言えば、

(参考でよく出てくるので)このお方・・・

堀江隆文 堀江貴文氏・・・健在です(笑)

 

堀江氏のブランド力もスゴいものがあります。

 

実際に私も、

ライブドア時代はどちらかというと嫌いなタイプでしたが、

収監されている間の彼の活動で気に入ったという感があり、

現在、堀江氏のブログ(horiemon.com)などを閲覧していたりしています。

別に堀江氏の紹介ではないのですが・・・

 

人が「ブランド化」されるということは、とても重要なことです。

これは、別記事「私をブランド化する戦略(2)」でもお話ししましたが、

私の生き方、あり方」が「私のブランディング」であるということ。

 

前記したように、

「ブランド」は、消費者の感情的受容で、生き残ることもできるし、

消え失せることもあり得るわけですから、

普段からの生き方、あり方を精査しながら、物事を進めていくことになります。

これが、「ブランド力」に直結するのだと思うのです。

 

そして、

この「ブランド力」は、別記事「ブランドを構成するもの」で説明した通り、

構成するもの、構造的なものの中身で大きく変わってきます。

 

表面的な薄っぺらいブランド構造ではなく、

厚み・深みのある(=信頼度の高い)ブランド構造に仕立てます。

広く浅くではなく、狭く深くです。人間関係と同様だということです。

 

「ブランド力」が信頼度で成り立っていると考えれば、

その(消費者との)関係性は、深くなればなるほど力を増します。

不祥事を容認するわけではありませんが、

もし大きな失敗などがあった場合にも、

その「ブランド力」が強ければ強いほど、深ければ深いほど、

生き残る可能性は高くなるのです。

(規模の大きさではなく、個々の信頼度です。)

 

ですから、

私の「ブランド」ととは、他人の「感情」「意識」に大きく左右される

「震央(震源真上)の私(自分)」であると言えるのです。

 

brandingブランディング

 

これはどういうことかと言うと、

他人(消費者)の感情や意識というものが、震源になります。

自分は常にその真上(震源地=震央)にいます。

震源が揺れ動くことで、震度や破壊力(被害状況)が変わりますが、

震源が浅くて大きいと、震度も大きく、破壊力も大きいものです。

同じマグニチュード数でも深ければ、震度も小さく、破壊力も小さいものです。

(マグニチュードと震度が比例するわけではありませんが。)

 

イメージ的に、

ブランド力」を高めることは、いい意味で震源を深い位置におくことです。

深く浸透させるためには、かなりの努力が必要です。

そして、大きく感情を震い動かす(例えば、怒りなど)ことが

大きな損害になるのであれば、

継続的にその力を保持するよう、努めなければならないのです。

 

裏を返せば、

その深く浸透した他人(信頼度の高い消費者)の感情や意識が、

好感的な感情を奮い立たせた時は、その反響力の広がりは凄まじいものです。

 

この状態になるとファン」になっていますので、

さらに信頼関係が増すと、ロイヤルティ客(優良リピーター)、さらに

エバンジェリスト客(インフルエンサー)となり、

新規客の集客に大きく貢献して頂けるようになります。

 

そのイメージ図がコチラ「マーケティング・ダブルファネル構想」

マーケティング・ダブルファネル

 

 

この「ファン化」にしていくことが、

ブランディング」という活動になるのです。

※勿論、それ以外にもありますが・・・。

 

消費者(顧客)を「ファン化」にしていくことが

ビジネス・事業に重要なプロセスであるとともに比重も大きいと言えます。

 

マーケティングとは、ブランディングである。
by. アル・ライズ(戦略家)

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中