LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

練習で手を抜くやつはダメだ。
プロは練習が仕事なんだ。
練習が仕事なら、
試合は何かだって?
それは集金だ。

by. パトリック・エムボマ.1970.11.15生[サッカー選手]
パトリック・エムボマ名言
(画像:Wikipediaより、トップ画像:ガンバ大阪より)

 

プロは手抜きしない。

 

プロフェッショナルは利潤を作る。
アマチュアは作品を作る。

 

お客さんからお金をもらうためには、プロでなければなりません。

ただ、

あまりにも「プロ」「プロ」と考えてしまうと、

行動出来なくなってしまう人も当然います。

プレッシャーがあるからでしょうね。

 

私の考えではありますが、

「プロフェッショナル」と「プロ意識」は違うと思います。

 

先ずは、「プロ意識」をもって行動しながら、お客さんと接する。

お客さんからお金をもらうでしょうから、誠実にお応えするのです。

分からないこと、失敗したことは、また勉強して臨めばいいと思います。

 

その繰り返しの中で、本当の「プロフェッショナル」になっていく。

だから、諦めなければ「プロフェッショナル」になれます。

 

「アマチュア」と「プロフェッショナル」の境目って、

資格とかそういうもので計られているものもありますが、

実際には、貰うお金以上の価値を提供し続けるかだ思うのです。

 

アマチュアが頑張って頑張って成長し続ける延長線上に

「プロフェッショナル」があるのですから、

「プロ意識」を忘れず、諦めないことです。

 

richard_bachプロの作家とは、
書くことをやめなかったアマチュアのことである。

by. リチャード・バック[米・小説家/かもめのジョナサン等]

 

 

それから、

アマチュアは、自分に今必要なことのみ練習、習得しようとしますが、

プロは、 いつ必要になるかどうか分からないことも習得しようとします。

それが発揮出来ることを想定してですね。

 

だから、時間の使い方が違うのです。

「プロ意識」とは、求められてからではなく、

今求められなくても、重要な要素を察知して行動することができるのです。

 

プロ意識」という思考は、とても重要なのです。

 

 

 

エムボマのベストゴール(1997年)

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております