自分の場所を見極めて、
いったん行動を起こしたら、
「もし…」なんてことは考えない。
「攻め」あるのみ。

by.木村拓哉.1972.11.13[歌手・俳優]
木村拓哉
(画像:MATOME.naver.jpより)

 

敢為邁往」(かんいまいおう)

目的に向かって困難をものともせず、自ら思い切って、まっしぐらに進んで行くこと。

 

今歩んでいる道は、希望を胸に目的地に向かって進んでいる道ですか?

 

と聞かれてしまうと、大抵

「・・・?・・・」という感じではないでしょうか!?

 

「希望?・・・忙しくてそんなこと考えている暇はないよ!」

などと思っている人もいることでしょう。

 

Robert_Louis_Stevenson何かに忙しくしていることだ。
忙しい人間には不幸でいる暇などまったくない。

 

という感じでしょうね。

ただ、

忙しいことと、忙しくしているのは、

全く違うということ、です。

「忙しいから・・・」が口癖の人は、

自己の管理能力が低いことを公言しているようなものです。

 

シゴトが楽しければ、

時間が足りなくても忙しいとは感じません。

周囲から「いつも忙しそうだね」と言われる時さえも、

「忙しくないですよ。楽しんでるので!」という感じです。

 

希望とか情熱とかあれば、

忙しさなんて感じないですよね。

逆に、もっとその時間を楽しみたい、

という雰囲気になるはずです。

 

自身の進む道は、

希望や情熱をもって進むべきだと思います。

一度「行こう!」と決意して行動し始めたら、

後ろを振り向かない、

困難があっても乗り越える、

そんなエネルギーが沸々と湧いてくるわけです。

 

Whoopi_Goldbergすべての可能性を信じているから、
今の私があるのです。
I am where I am because I believe in all possibilities.

 

 

映画「天使にラブ・ソングを・・・」で有名なウーピーさん。

「ゴースト/ニューヨークの幻」では、

アカデミー助演女優賞を受賞しています。

あのキャラは面白かったですよね^^

彼女は、『スタートレック』の黒人士官、

ウフーラを演じるニシェル・ニコルズさんに

強く影響されて女優を志すことになります。

その時の女優業に対する希望は大きかったと思います。

 

俳優やタレントなどは、好んでその道に進みます。

売れない、というハイリスクを背負ってのイバラの道です。

でも、

「もし、売れなかったら・・・」なんて最初から考えていたら、

そのイバラの道を進んでいくことは出来ないでしょう。

 

これは私たちも一緒です。

「もし、人生に失敗したら・・・」なんて考えていないはずです。

ですが、

「希望がない」「夢がない」「目標がない」・・・自信がないのです。

本当は、自分の奥底に

「希望がある」「夢がある」「目標がある」・・・

そんな方が多いように感じるのですが。

 

でも、諦めているのでしょうね!?

 

それで、良いのでしょうか?

 

Robert_Louis_Stevensonありのままの自分でいることと、
なれる自分になることは、人生のただ一つの目標だ。

 

 

あるがままではなく、「ありのまま」です。

私のいう「ありのまま」とは、

自我欲求のままに・・・ということではありません。

どちらかと言えば、

自己超越欲求のままに・・・だということです。

全ての人が持ち合わせる自己超越欲求は、

そこに向かって行動しなければ辿り着けないものです。

ただ、辿り着くと言っても、

明確なゴールがあるわけではありませんから、

そこまでの過程(プロセス)を楽しむことだと思うのです。

だから、毎日が楽しめるのだということですね。

 

Robert_Louis_Stevenson希望にみちて旅行することが、
目的地に到着することより、よいことである。

 

 

目的地に向かう、人生という旅行は、

年齢とか場所とか、境遇とか関係ないと思います。

 

もう歳だからとか、役職があるからとか、忙しいからとか、

そんなことは、行動しない理由にはなりません。

行動したくない、という理由ならいいのですが、

「希望」「夢」「情熱」そのようなものが、

まだ自分に燻っているようなら、

行動するための行動をし始めることが大事だと思います。

旅行の準備です。

 

1日経ってしまえば、1日歳を取り、

1日寿命を減らしたことになります。

全ての人が一斉にスタートすることはありません。

自分のタイミングで、

目的地に向かってスタートすればいいと思います。

スタートは人それぞれです。

スタートラインを外して、

自分で決めてスタートすることをおススメします。

 

木村拓哉名言俺ね、思うんだけど
スタートラインはどうでもいい
と思うんですよ。

by. 木村拓哉

 

 

 

ご購読ありがとうございます。

careerdesgine 自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。

 

ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

先頭へもどる