LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

あなたは、未来のライフイメージを持っていますか?

(人生設計と考えてもOKです。)

 

ヒョウライフ

 

「ライフイメージ」って何?

 

と思われる方もいるでしょうから、少し説明します。

ライフイメージは、そのまま訳して頂いても大丈夫です。

生活のイメージです。

 

ですが、そのイメージをもっと具体的にします。

 

例えば、10年後の生活。

・どこ(地域)に住んでいますか?

・どんな家に住んでいますか?

・壁の色は?どんなお部屋?

・誰と住んでいますか?
(家族は?子供は何人?)

・(結婚していないなら)相手はどんな人?

・(結婚していたら)相手はどうなっている?

・仕事は何をしていますか?

・出世していますか?

・収入はいくらですか?

・どんな食器で、どんな食事をしていますか?

・どんな遊び(娯楽)で愉しんでいますか?

・誰と笑って語り合っていますか?

 

・・・・などなど

 

一度、目を閉じて、10年後の自分と、

周りに視えるものを想像(イメージ)して下さい。

実は、

このイメージが、現在と変わらない場合は、少し危険です。

 

このイメージが現在より良くなっているなら、可能性があります。

 

もし、現在より悪くなっているなら・・・(^^;

 

これは何を示しているかというと、イメージ出来ているということは、

あなた自身の中でその可能性を秘めているということです。

 

これは、

変な能力とかそういうことではなく、

人が想像できるものは実現可能だという能力なのです。

 

これは、

C・オットーシャーマー博士の提唱する

U理論

 

につながるお話しにもなります。

 

この理論を自分に当てはめた場合、

「自分は将来、どうありたいのか」

ということに対して、

「自分はどう動かないといけないのか」

と思考を凝らすこと(能力)なのです。

 

しかし、

未来の想像(イメージ)が出来ない人は、

ただひたすらその日を過ごしている・・・だけになってしまいます。

 

だから、

10年後のライフイメージが現在と変わらない場合、

それは、想像できないので、地域も家の中も食器も食べ物も、

そのままでいいという生き方になってしまうわけです。

 

結果的には、

何かしら変わっているかもしれませんが、

それは外的要因によるものが大きいのです。

 

これを

アウトサイドイン

と言います。

 

誰かによって、会社によって、法律によって、病気によって等々。

 

もし、

「イメージができない!!」・・・という方は、簡単に訓練する方法があります。

 

ライフイメージ訓練法」の記事にて。

 

 

ご購読ありがとうございます。

 

先頭へもどる

 

 

ライフイメージの関連記事

チャンスを掴んでライフイメージ実現へ

ライフイメージ訓練法