LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

インターネットビジネスを始めておられますか?

 

今や、数多くのネットビジネスが盛んに行われています。

あなたも、多分『ネットビジネス』って検索されたと思います。

 

何か沢山ネット上で出てきませんでしたか?

ご存知、Yahooショッピングや、楽天、AMAZONなども

ネットビジネスですし、小売店の通販もネットビジネスです。

 

そんな中、

個人でも安い資本で年齢関係なく参入しやすいのが、アフィリエイトなどです。

 

しかし、現実を見てみると、インターネットビジネスでは、

95%〜98%以上の方が稼げず、リタイヤしていきます。

 

一時的に稼いだ人も、すぐにリタイヤ組になります。

 

ネットビジネスで失敗する理由とは?

 

勘違いしている人が多いのですが、

インターネットは、手段であって、ベースはビジネスです。

 

ビジネスを理解している人であれば、インターネット戦略を導入すればいいですし、

ビジネスを理解していない人であれば、インターネットビジネスを学べばいいのです。

 

インターネットビジネスを始められてリタイヤする人、

成果がでない人が当然のようにいます。

 

その大半は、

ビジネス自体を理解していない、あるいは趣味の延長、さらには、

「簡単に稼げる」という誤解からだということです。

ようは、「簡単に稼げる」などのコトバに踊らされ、

マネ(まま)ごとをやっているだけです。

 

「簡単に稼げる」手法は、誰もが手を出すため、

すぐに飽和状態、いわゆるレッドオーシャンになり、稼げなくなります。

 

稼げたとしても、その瞬間のみです。

瞬間瞬間を繋いでいくしかないんですね。

 

気持ちが長続きしません。

モチベーションが保てないのです。

 

しかし、

長続きしない理由

が他にあることに”気づいていない”のも現実あります。

 

それは、

やる「理由」がほとんどないということです。

 

「稼ぎたい」・・・というのは、理由ではありませんよね。

 

例えば・・・何故、仕事をするのか・・・。

端的には、

「生活をするため」・・・というのが理由です。

「家族を養うため」・・・これが理由というものです。

「ある目的を達するため」・・・ここに理由があります。

 

そういう真剣になるような理由がないから、簡単に諦められるんです。

 

それでいいのでしょうか?

 

「理由」とは、

目標というより、「目的」とか「ビジョン」です。

 

難しいコトバでいうと、

ミッション・ステートメント

です。

※これについては、また別の機会に。。。

 

やる「理由」があれば、成果が出るまで、諦めずやることが重要です。

継続は力なり」ですね。

 

しかし、これも前提があります。

 

それは、「やりたいことをやる!」です。

 

やりたいこと、やっていますか?

 

 

さて、

ここでビジネスを行なう上で、あるヒントが出てきました。

 

ビジネスを行なうということは、

対象相手(顧客・ユーザー・クライアント)が存在します。

 

相手に行動(購買・申込み・参加など)してもらうことが、ビジネスに繋がります。

行動してもらうのに、何が必要か?・・・

 

 

そう。

理由」です。

「理由」付けをさせる必要があるのです。

 

常に、「理由」がつきまといます。

 

「理由」のない活動になった時、

(正確には、理由が当たり前になること)

それは「習慣」となっていくのです。

 

継続は力なり」・・・の前提には、

理由付けによる行動」があり、

それでスタートしたものが、「習慣化」されるということです。