LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

選択の自由は、人間の権利」・・・

というと、勘違いする人がいるかもしれませんが、「自分勝手」とは全く別物です。

ようは、

「自由」と「自分勝手」は次元が違うわけです。

 

さておき、

像
杭に繋がれた象」の話しをご存知ですか?

サーカス等の象は、

子供の時から杭に繋がれることにより、

自由を奪われ、行動範囲が決められてしまう。

 

次第に、

杭に繋がれる=自由がない、ことを悟り、

大人になっても自力で抜ける杭から逃げようとはしない。

 

ということを、

人間社会の中でもあり得る比喩的な表現として使われているものですが、

 

本来、人は智慧と欲があるため、脱することを選択し行動することができるのです。

これができかねる人たちは、この杭に繋がれた像と一緒であるとされています。

 

しかし、今は傾向が違うように感じています。

 

脱することを望んでいない・・・

ようは

その杭から逃げられることを知っているのに

逃げる必要性(?)を感じていないと思うのです。

 

これが厄介なのです。

 

何故なら、そこに「欲」がないこと。

麻薬のように「心地よさ」を感じていること。

だから「危機意識(リスク)」感がないこと。

これは、本人達からすると自分勝手の次元でもなく、

それが選択として選んでいる状態なんです。

 

端から見たら、それ自体が危機のように感じます。

 

実は

それほど平和、安全、安心の国ではないのに・・・

 

 

 

いつも応援ありがとうございます