仲間由紀恵

(セリフ:ドラマ「ごくせん」のヤンクミより)
何してんだよ! 一人じゃ起き上がれないのかよ!
誰かが手を貸してくれるの待ってんるじゃねぇよ!!
んなんじゃな…いつまで経ってもお前は弱虫のままなんだよ!
義理人情も…渡世の仁義も
てめぇの足でしっかり歩いて胸張って生きてる奴にしか通用しねぇんだよ!!
逃げてばかりの奴にな…手を貸してくれる程、
世の中そんなに甘くねぇんだよ!
こんなもんかよ!
思いっきり本気でぶつかって来いよ!!
やなことがあった時…逃げたくなるのはみんな同じなんだよ!
でも…そこで逃げたら終わりじゃないのか?
やなめに遭ったって…自分の力で立ち上がって行くことが
生きていくってことじゃねぇのか?
どうなんだよ!

 

寸善尺魔

 

人生の中で、善いことは寸(ちょっと)で、

悪いことが尺(寸の10倍)もあるわけです。

一寸先は闇という意味でもあります。

 

しかし、

逃げていても善いところに停まっていることなんてできません。

逆に悪いところに停まっていることになります。

 

とにかく、歩くこと・・・

先ずは自分の足で歩くことです。

 

何日も何ヶ月も何年も、

同じところに停まり、歩いていない人に他人は見向きもしません。

というより、出会うことがありません。

 

歩くから出会えるのです。

自分の足でやっと歩くことで、次へと進んでいけます。

 

一つずつ問題を解決していったら、少しずつ楽になります。

また大きな問題が起きるようになっていますが、

それを乗り越えられる勇気は自分のものです。

 

一人では無理な時でも、手を差し伸べてくれる人がいます。

 

先ずは、自分で自分の道を歩むことです。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております