セルフコントロール」とは、自己制御・自己統制の意です。

同類後として「セルフレギュレーション(自己制御・自己調整)」があります。

これが有る無しでは、人生が大きく変わります。

(画像:(C)2007「自虐の詩」フィルムパートナーズより)記事とは無関係です(^^)

(画像:(C)2007「自虐の詩」フィルムパートナーズより)記事とは無関係です(^^)

セルフコントロール」が低い人、欠如している人は、

衝動的である人であり、また鈍感、脆弱、身体的、非言語的、

危険志向的、近視眼的である傾向が強いと捉えることが出来ます。

 

最悪、犯罪者になる傾向もあると言われていますが、

それはまた別の問題として、それ以外にも

肥満に繋がるカロリーの過剰摂取、衝動買いやムダ使い、喫煙、飲酒、

先延ばし行為などもメカニズム的に同様な説明ができるそうです。

先延ばしについては、コチラで記事にしています。

 

この「セルフコントロール」の欠如が、時にはストレスを増大させ、

さらには精神疾患などの疾病に繋がる可能性も否定できません。

 

セルフコントロール」を行なうことで、

より良い生活状態を保持するために考えていきたいと思います。

 

 

セルフコントロール(self-control)とは

 

最初に誤解されている方がいるかもしれないので・・・

「セルフコントロール」は自分を完璧に思い通りにすることではなく、

適切かつバランスを保持するためのコントロールです。

 

セルフコントロールについて、大辞林では・・・

(1)感情や欲望を抑えること。自制。克己。

(2)自動制御

 

とありますが、心理学的、脳科学的な定義で捉えると、 

例えば米国心理学会心理学事典には・・・

(1)自身の行動(顕在、潜在、情動、身体機能)を指令通りにしたり、自身の衝動を抑制・抑止したりする能力

(2)短期的利得が、長期的損失あるいは(短期的利得以上に得られる)長期的利得と対立した場合に、長期的結果を選ぶ能力

 

とあります。

self-control

 

ちなみに、日本の青年心理学事典においては、

外的な援助や監視がない状況で、相対的に困難な目標志向的行動を自分の意思・意図に基づいて維持・遂行する過程

 

と定義しています。

 

単純に、「自己制御自己統制」とされている場合が殆どです。

 

セルフコントロールの概念には、

セルフレギュレーション(自己調整)を含む場合が多く、

こちらも含むという前提で、「セルフコントロール」で話しを進めます。

 

例えば、

ダイエットをするために行動する、健康のために健康診断を受ける、

体力をつけるために運動をする、子供のために禁煙する、

ストレス発散のための深酒は止める、食事のカロリーを確認し制限する、

スマホゲームは1日1時間と決める、寝坊しないように目覚ましをセットする、

怒りたい時10秒数えて怒りを抑える、衝動買いをやめる、

精神的安定のためにヨーガやお寺で座禅瞑想を行なう・・・などの

このような行動もセルフコントロールが働いている状態です。

 

さらに、

セルフコントロールを行なうためには

自己制御資源認知資源)」が必要とされており、それが不足すると

セルフコントロールが出来てなくなってしまうのです。

 

 

自己制御資源

 

この「自己制御資源」とは、

具体的な物質などとして証明されているわけではなく、

一種のエネルギー(リソース)であり、増減を繰り返すという概念です。

セルフコントロール出来ない人は、このエネルギーが少ないのでしょう。

 

例えば、

衝動買いをやめるコントロールをした後に、高めの食事をする、

ボランティアなど利他的な行動をした後は、贅沢な食材を購入する、

友人が多い環境にいると、カロリーの高い食事が増える、

自信や自尊感情が強くなった後は、自分を甘やかす選択行動をする、

・・・などのセルフコントロールに悪影響が出るのです。

 

この「制御資源認知資源」は回復させることができるため、

その方法を理解しておくことで、セルフコントロールを可能にする

状態にコントロールすることができます。

 

もし、

普段から「セルフコントロール」が出来ていないと思われる場合は、

少しずつ改善することが望ましいということ、そのためにも、

コントロールする方法と、逆にそれを妨ごうとする要因などがあることを理解し、

意識することで、「セルフコントロール」を行なっていく者になれると考えます。

 

「セルフコントロールの方法を理解しよう」>>

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて