LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

サンシモン
各人はその能力に応じて働き、
その労働に応じて与えられる。
(画像:Wikipediaより)

 

サン=シモンの産業主義思想において、

産業の発展がもたされ、それによって起業が推進されたと言われています。

ようは、起業家が増えたということになります。

これは、

当時において起業家(産業者)の地位を向上させたということであり、

大きく経済が動き始めたキッカケにもなったのです。

 

近年日本においては、

バブル崩壊後の1990年代にベンチャー企業が盛んになり、

楽天や現ソフトバンクなどが事業展開を早めています。

 

ここで考えなければならないのは、

起業家、産業者とともに働いている労働者の人々。

 

個々人の能力に応じた働きをし、

それに適した報酬・地位を与えられているのか・・・ということ。

 

報酬や地位については、

雇用されていれば経営者側の評価なども大きく左右するため、

適した報酬・地位かどうかは何とも言えませんが、

 

ただ、

能力について言うと、他者には関係なく、自分次第です。

 

能力に応じた働きしか出来ないわけですが、

その能力を高め、働きについても向上させることは可能なわけです。

 

能力を高める方法を知っている人と、知らない人の差は明らかで、

能力を高める人においては、それに応じた働きになるし、

それに適した報酬となっていくので、どうしてもそこに

格差が生じてきます。

 

問題は、自分の能力だということです。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております