百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、
教育にあてれば明日の一万、百万俵となる。
mesakinorieki

 

目先の得に飛びつくより、将来の得を創造することです。

 

自らのビジョンのために、今は辛抱して、未来に活かそうと考えていますか?

 

今日食べる飯のために、明日遊ぶために、

流行りのファッションをするために、仕事を嫌々していませんか?

 

「何のためにシゴトをするのか?」

と尋ねると、年齢が高ければ高いほど、

「食べるために」「生活のために」という応えが返ってきます。

 

しかし、

「食べる」ということは、生きていく上で必要ですが、

「食べる」という生得的欲求(低次元欲求)のために

仕事を嫌々するのはナンセンスだと気づきました。

 

シゴトをするために食べる

という言い方がベストだと思えたのです。

(これは、日本だからということもありますが・・・。)

 

「シゴト」をするためには、

肉体的なエネルギー、脳内エネルギーなどが必要です。

そのエネルギーに欠かせない要素が「」です。

 

 

「シゴト」というのは、

会社組織などで労働することだけでなく、

家事をやったり、子供と遊んだり、介護をしたり、

地域の活動、ボランティア、シゴトのための勉強も

生きる上での「シゴト」だと私は思っています。

 

では、「何のためにシゴトをするのか?

 

と問うた時に、・・・理由は様々あるでしょうが、

「楽しむため」「喜びを増やすため」・・・などと考えて

シゴトに取り組んでいければ良いと思います。

 

もし、

シゴトを嫌々しているようであれば、それは

健康的でもないし、食も美味しくいただけないし・・・

そんな人生はどうかと思うのです。

 

 

シゴトを嫌々している人は、

食べること自体が楽しみであったり、

食べること自体が趣味であったりする人もいます。

 

確かに食べることは楽しいひと時です。

問題は、それがストレス発散的な食べ方、

本当に1日の楽しみが食事しかないよう生活・・・

これは、将来的にもメリットがあるとは思えません。

 

ですから、

目先の「食べる」という楽しい時間のために、

嫌なシゴトを辛抱する(この場合辛抱ではなく妥協?)のは、

将来的にマイナス要因でしかないと感じます。

 

辛抱する」ことは、

先に大きな目標や目的があってこそ必要な時間であり、

役に立つことだと思うのです。

 

冒頭の名言にもあるように、

目先の「食」より、

将来得られるそれ以上の「利得」 を得られるのであれば

その「辛抱」は、掛け替えのないものとなるはずです。

 

これが、

セルフコントロール」出来る人の行動なのです。

 

ただ、「セルフコントロール」出来ない人からすると、

この目先の「食」を奪われることはストレス因子でしかありません。

 

おまけに、

今のシゴトが嫌々だとしたら最悪です。

 

ですから、

「セルフコントロール」することを考えるなら、

ただ「食」を「辛抱」するだけではなく、

今のシゴトを楽しめるようにコントロールする必要があります。

 

「セルフコントロール」においては、

”やらない”と決めるコントロールより、

”やる”と決めるコントロールの方が効果的です。

 

「食」を「辛抱」する、”やらない”コントロールよりも

シゴトを楽しむ、という、”やる”コントロールを行なうことが

良いということになります。

 

シゴトが楽しめるのであれば、

将来の「利得」のために辛抱することは

それほど苦にはならないでしょう。

 

そのためにも、

「セルフコントロール」できる自分になれればいいと思います。

 

 

 

「キャリア・デザイン」のためのサポートをしております。
サポート詳細

お問合せ、ご意見等はお気軽に。
お問い合わせフォーム

 

いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

ワンクリックお願いします
にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

 

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ