LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

異民族文化を自由に摂取して、
そして、これを日本化する上において、
天縦(てんしょう)の神聖をそなえている。
注釈:『中朝事実』より。日本は異文化を吸収して混ぜ合わせることで、新たに日本的な文化を創造する天性の才があるといったような意味。
(画像:Wikipediaより)

 

和魂洋才

 

日本には、「和魂洋才」というコトバがあります。

意味は、

日本古来の精神を大切にしつつ西洋の技術を受け入れ、

両者を調和させ発展させていくこと。

(出典:Wikipedia)

ということです。

 

日本人は、このような才能があるとも言われています。

江戸時代初期には既に言われているわけです。

確かに、どの時代においても異文化を上手く取り寄せ、

日本らしい文化、技術、政治、経済などの型を

作り上げてきたことは事実だと感じます。

 

この才能は、当然ビジネスにおいて、アイデア発掘においても

重要な才能、思考であると言えるでしょう。

 

実は、あのピーター・ドラッカーも

この日本人の「和魂洋才」・・・いわゆる異文化の日本化について分析しています。

 

そのことについては、 渡邊祐介氏著書「ドラッカーと松下幸之助」に記されています。

 


ドラッカーと松下幸之助 (PHPビジネス新書)

 

 

異文化の日本化

 

ドラッカーは、日本人が異文化を受け入れる際、

闇雲に受け入れるのではなく、ある5つの兆候があると分析しました。

 

その5つの兆候とは・・・(当著書より抜粋)

(1)日本をいっそう日本的にするもの

(2)各部の構造よりも全体のデザインとして適合するもの

(3)日本人の人間関係にふさわしいもの

(4)日本独特の精神生活を豊かにするもの

(5)日本人の精神的価値に合致するもの

 

ドラッカーは、

異文化の日本化を適切に行なう日本人の特質を「知覚力」として、

この「知覚力」によって日本らしい日本伝統があるとしています。

 

 

日本人の「和魂洋才」は日本国の地形に関係する!?

 

ドラッカーが分析した日本人の特質「知覚力」が、

なぜ備わったのか?

 

これは、私の尊敬する内海先生からのお話しも含まれます。

 

「和魂洋才」を巧みに行なうことができたのは、

日本国の地形に関係している・・・と考えることも出来るのではないでしょうか。

 

それは、日本国が島国であること、そして最東の国であることです。

 

現在のヨーロッパやインド、中国などから

色々な文化、芸術、宗教、政治、経済、技術などが日本に流れてきます。

ご存知のように、昔はアメリカがありませんから、

日本からすると、全てが西方面から流れてくるわけです。

日本は最東の国であるため、それより東に流れるルートはありません。

 

少し分かりやすく考えるために、

商売(ビジネス)という観点から見てみましょう。

 

西の商人は、商売のために東方面へと商いに出かけ、

商売を行い、技術を伝え、少しの付加価値を付けて

次の東方面の国・民族へと商いをします。

それが徐々に東、東へと進んでいきます。

 

ユーラシア大陸は陸続きなので、

ヨーロッパからは、東・北・南に行ったりするでしょうが、

東南アジアからは北に進んで中国、朝鮮へと上がりますし、

モンゴル・中国へと来たものも、朝鮮へと移ってきます。

 

そこまで来ている商いモノや技術は、

多少なりとも進化?変化?しながら来るモノもあるでしょう。

どちらにしても、価格的に考えると、

ヨーロッパでの値段より上乗せされた値段になっていても

おかしくはないでしょう。

 

そのようにして、その国・民族は栄えていくわけです。

 

さて、

中国・朝鮮などから、日本へと西洋文化なども入ってきます。

 

日本は島国であり、東にはもう隣国はありません。

商いをするにしても、中国・朝鮮に対して行なってはいたでしょうが、

まだ発展していない日本を考えると、

殆どの場合、日本国内で商いをするしかない、

そんな状況が普遍的なこととしてあるのです。

 

ということは、他国のために進化させるというより、

日本人の生活、伝統、特性などに適したモノへと改良し、

日本国内のみで商いが可能な特質な技術、文化などを作り上げた・・・

と考えることができるのです。

 

ですから、今も尚

携帯電話のように、日本国内でしか使えない製品でも

十分にビジネスとして成り立っているわけです。

家電の電圧などもそうです。

 

食文化においては、ラーメンや中華料理、カレーなど

外国の食文化だったのにも関わらず、日本人に適した食文化に変え、

現代においては、それが外国人にも受け入れられている

日本の文化として伝わっているのです。

 

日本人は、日本国の特徴を生かし、

日本人ならではの能力、これを「知覚力」とするならば

日本が今の状態を保ち続けられたのは、

日本国の地形が大きく影響していると考えることができると思います。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて