誰かの為に一生懸命
働いている人って素敵だな。
みんなが喜んでくれるからと
溌剌(はつらつ)と働いている姿は、
文句なしに綺麗です。
by.戸田恵子.1957.9.12生[愛知・女優]
(画像:Omoshii.comより)

 

働く」姿っていうのは自分では見えません。

その代わり、常に他人が見てくれています。

 

どんな気持ちで働いているのかって、

結構他人に伝わったりします。

 

一生懸命なのか、

やる気が無さそうなのか、

集中しているのか、

手を抜いているのか、

好きでやっているのか、

嫌々やっているのか、

今日は楽しくやっているのか、

今日は調子が悪そうなのか・・・

 

社会で「働く」ってことは、

誰かに働いている姿を見てもらうということを

忘れてはいけないと思うのです。

 

もし、

あなたが10名のオフィスで働いているなら、

あなたの目で9名を見ますから、

9分の1のように感じるでしょうけど、

9人の目はあなたを色々な角度から見ています。

 

特に接客業など多数の人と接する人は、

さらに見られる数が多いわけですから、

それを踏まえた上で 「働く」ことに臨むべきです。

 

他人のために「働く」姿は、

笑顔やイキイキした行動が表面に現れます。

それを見ている人が嫌になることはありません。

 

そのような姿を見せるためには、

「働く」姿勢をどのようにすれば良いのか

自ずと分かってくるでしょう。

 

嫌な気持ちでやるより、楽しくやること。

 

楽しくやるためにも、その「働く」対象に対して、

誠実に向き合うことです。

そして、そこに充実感を得られるようにすること。

そのためには、他人のために「働く」ことです。

 

他人に喜んでもらえる働きをすることで、

次第にハツラツした姿勢になるでしょうから、

「働く」姿が素敵だ、奇麗だと言われるかもしれませんね。

 

そんな「働き方」をしてみませんか。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております