ひとりで見る夢は、それは夢に過ぎない。
しかし、みんなで見る夢は、現実となる。

by. エドゥアルド・ガレアーノ[作家]


(画像:Wikipediaより)

 

一人で見る夢は、寝てる時に見るものです。

 

ただ、その時の夢は時に自分の潜在的な

目標・・・というか、願望というものが現れます。

 

「夢を見つけなさい」

「夢を追いかけなさい」

と言われる場合、夢=目標という意味合いで使いますが、

どちらかと言うと、

夢=本来の使命本質的な願望に近いものではないでしょうか。

 

ですから、その夢=目標というものが私利私欲の場合に、

一人で追いかける夢となってしまい、儚いものになります。

 

夢=本来の使命として目標を見つけた時、

そこには必ず他者との関係性が含まれてきます。

それが人間の本質だからです。

 

あとは、その夢を追いかけるために、

誰と追いかけるか・・・ということでしょう。

 

友達ではなく、

親戚でもなく、

家族でもない、

夢を追いかける真の仲間

真友とも言えます)

 

そんな仲間を見つけるためには、

信念、情熱、目的、責任感・・・などが

備わっているかどうかでも変わってきます。

 

そんな仲間と集うことができ、

同じように夢を追いかけていくことが出来れば、

その夢は現実となるでしょう。

 

そのためにも、自分を磨くことを忘れてはいけませんね。

 

 

 

ご購読ありがとうございます。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ にほんブログ村 経営ブログ コーチへ

 

mail ご意見等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております。
ビジネス・マーケティングに関する基本情報「マーケティング入門」を発信中です。

 

totop