LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

優れた人が優れているのは、
失敗を通して叡智にたどり着いたからである。
成功から学ぶものなど、たかが知れている。
Good people are good because they’ve come to wisdom through failure.
We get very little wisdom from success, you know.

by. ウィリアム・サローヤン.1908.8.31生[米/小説家]


(画像:Wikipediaより)

 

例えば、料理をしてみます。

現在は、料理本やネットで数多くのレシピがあります。

 

初めて作る料理でも、そのレシピを見ながら作れば、

ある程度上手に作れるし、美味い料理が完成します。

 

しかし、レシピのない料理を作る場合、

ある程度、調理の時間や調味料など試行しながら作るでしょう。

 

場合によっては、失敗することもあるはずです。

しかし、それは失敗というより、

同じことをしない、別の方法を考え、取り組む・・・

という進み具合のはずです。

 

レシピ通りの料理しか作れない人と、

自分で失敗を繰り返しながら、

自分なりのレシピを作り上げる人では、

そのスキルと能力には大きな差が出てくるはずです。

 

調理人が一人前になるのに、10年以上かかるというのも

うなずけるはずです。

 

料理人に限らず、手に職を身につけ一人前、

匠の領域に達するには、一般的に10年〜30年以上かかるのです。

 

 

もし、あなたがやるかやらないか悩んでいるものがある場合、

それは10年20年かかるものですか?

それほど長くなくても、数年はかかるものですか?

それであれば、数回の失敗なんてあって当然です。

 

1日2日で身に付けそうなものですか?

それであれば、1日2日失敗しても、

次の1日2日で再挑戦してください。

 

それほど問題ではないと思います。

失敗を失敗と思わず、一つのネタにして下さい。

 

ただし、・・・

失敗するにしても二通りの失敗があります。

 

1つは、

準備したものの予想を覆された場合に起きるもの。

 

もう1つは、

準備もせず、行き当たりばったりによって起きるもの。

 

準備するための行動は起こしましょう。

 

 

 

ご購読ありがとうございます。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ にほんブログ村 経営ブログ コーチへ

 

mail ご意見等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております。
ビジネス・マーケティングに関する基本情報「マーケティング入門」を発信中です。

 

totop