挫折を感じたとき
何かのせいにするのってくだらないと思うんです。
だって、その結果を招いたのは自分自身でしょう。
まずは自分に問いかけなきゃ。
責任という言葉はすごく強い。 でも、
だからこそ逆に自分を鼓舞することにもなる。

by. 天海祐希.1967.8.8生[東京/女優]


(画像はCM、解説:Wikipediaより)

 

何かを決断する時に、

自分の責任で決断した場合と、

誰かのアドバイスや指示等で

決断した場合のその結果に対して、

人の反応は全く違います。

 

元々、責任を負いたくない人は、

決断の時点でも人任せです。

 

最終決断したのは自分である事も忘れるほど、

大きな挫折感を味わえば、

大抵誰かのせいにする、

いわゆる責任転嫁を実行します。

 

親のせいにする、

友人のせいにする、

上司のせいにする、

会社のせいにする、

環境のせいにする、

世の中のせいにする・・・。

 

それであれば、

最初から決断しない方がいいでしょう。

 

自分が最終決断したことに責任を持てないなら、

何も行動しない方がいいと思います。

 

ただ、もし自分の人生に責任をもてるような人なら

どんな結果になっても

責任転嫁をすることはないでしょうね。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております