LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

最悪なのは、失敗することじゃない。ある罪を犯す方が、もっと悪い。
それは、自分が傷つかないよう、前にもうまくいった方法で、無難に仕事をこなすこと。
自分の才能を否定するのは、罪だよ
失敗するのは当然だ。僕だってする。
皆、何かにつけ、”成功、成功、成功”。
いいだろう。だが、心の底からわき出るものを表現しないと
映画が失敗しようが、多少、的外れなことをしようが、本当に”これだ”と思う演技をしなきゃダメだ。
それがすべてだ。

by.ダスティン・ホフマン.1937.8.8生[米・俳優]


(画像:Wikipediaより)

 

保身は人間のもつ性質です。

自分が傷つくことを恐れ、これまでと変わることのない

仕事ぶり、人間関係、生活を送っていることは事実。

 

しかし、それ自体が本当の自分というものを抑圧し、

誤摩化し、「自分にウソ」をつく行為は「罪」です。

 

心の底からわき出るもの」・・・情熱です。

本当にそれをやりたい!と思うものが何なのか。

それに対して、どう演じるのか。

 

演じるというのは、自分を隠して他人のフリではなく、

自分の中に存在する自分を出して演じることです。

それが、「演化」(演化論)でもあります。

 

「無理!」

と思っていることは勝手ですが、

それでも情熱がもてそうなことくらいあるでしょう。

なければ、自分と世の中を知らないだけ。

 

自分を知らずして、生きているとは言わないと思います。

情熱を探しにいきませんか!

 

 

彼出演のおススメ映画

  

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております