敵をつくれない者は、味方も作れない。

by.アルフレッド・テニスン.1809.8.6生
[英・詩人]

 
(画像:Wikipediaより、右は彼の詩集)

 

成長する上で、「敵」の存在は必要です。

それ以上に「味方」も必要です。

 

 

「敵を作るな!」

と、年配の先輩方は言います。

 

心理学者アドラーに関連する本で、

嫌われる勇気」が必要だと言います。

 

世界的コンサルタント、コヴィー氏の「7つの習慣」には、

「意見が違う人がいることを喜ぶべき」としています。

 

ある調査の結果では、

人の好き嫌いの割合というのが、

好きも嫌いも約1〜2名ずつ、他はどちらでもない、

ということです。

 

さて、ここでの課題は、

「敵」と「味方」 という概念です。

 

「好き」だから「味方」?

「嫌い」だから「敵」?

「意見や価値観が一緒」だから「味方」?

「意見や価値観が違う」から「敵」?

「私の言うことを聞いてくれる」から「味方」?

「私の言うことを聞かない」から「敵」?

「宗教が一緒」だから「味方」?

「宗教が違う」から「敵」?

・・・・・・・

 

戦国時代なら、

「戦う相手」が「敵」と見なすことができますし、

裏切れば「味方」から「敵」に変わり、

降伏してくれば「敵」から「味方」にもなります。

 

現代だと、

「共通の敵」を見つけて「味方」にする

という、心理的誘導のテクニックもあります。

「いじめ」などがそうです。

会社や組織内の権力争いも同様でしょう。

 

どちらにしても、「敵」「味方」の存在は

自分の損得に絡んでくるということが言えます。

しかし、自分の「敵」か「味方」かは、自分の判断です。

 

一般的には、

自己中心的に自分の「味方」と自分の「敵」が、

相反する状態であるように、捉えています。

 

私はこのように考えます。

「味方」は、困った時に助け合う「仲間」であり、

「敵」は、互いの成長を促す「好敵手=ライバル」であると。

極端に言えば、「味方」とも食事するけど、

「敵」とも食事をする関係であるということです。

 

自分自身の成長のためにも、

「味方」と「敵」は必要不可欠なのです。

 

 

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております