人には「能力」と言われるものが、どれだけあるのでしょうか?

生まれ持った能力、身に付けた能力、特殊な能力、変化した能力など・・・様々な能力をいかに活かすかが、自己の能力なのかもしれませんね。

ドラゴンボールより

(画像『ドラゴンボール』より・・・記事とは無関係 笑)

 

人間には無意識(潜在意識)の中にも、使い切れないほどの能力が多々あると言われています。

その一つとして、「セレンディピティ」があります。今回のテーマです。

 

 

セレンディピティ

 

これは、『偶然または聡明さによって、予期しない幸運に出会う能力』の意です。

 

セレンディピティは最近の言葉ではなく、

18世紀の小説家(ホレス・ウォルポール Horace Walpole)による造語です。

※原語のセレンディップとは現スリランカのこと。
ペルシャ地方に伝わる『セレンディップの三人の王子たち』から。

 

顕在的(実際)に求めていたものとは違うものを発見する能力

と解釈できます。

最近一部の人は、

「予期せぬ幸福を得られる力」とされていますが、

広義的に言うと

新たな発見を呼ぶ(引き寄せる)力

という感じですね。

 

ただ「セレンディピティ」を

このコトバを造ったホレス氏の意を主とするか、

もとの物語の内容を主とするか・・・

少し微妙な差を感じます。

 

どちらにしても、

”幸運感”をもたらす能力であって、

”不幸感”を呼ぶものではないことは確かです。

 

あなたの周囲におられませんか?

例えば、

困難があっても、常に誰かが手を差し伸べて、

その困難を乗り越えてきた、運の良い人です。

 

「あなたって、恵まれているよね。」

「君って、ついてるよね〜。」

 

と言いたくなるような友人知人がいれば、

セレンディピティ」を発揮している!?

のかもしれません。

 

 

キリスト教の聖書的に言うと、

求めよ、さらば与えられん

実現する人のことです。

 

それは偶然に身に付くことではなく、

0から生み出される能力でもなく、

経験による潜在的に保有された能力が

引き寄せているであろうと考えられます。

 

偶然の出会いとか引き寄せの法則でも使われていますが、

セレンディピティは、

それに気付くかどうかの能力なのです。

 

察知力」「洞察力」「直観力

なども含まれるのでしょう。

そして、それを

手に入れる能力」「活用する能力

融合する能力」なども

含まれるものと考えられます。

 

このように、

能力やスキルという要素で捉えていくと、

セレンディピティは、特に”不思議な力””奇跡の力”

ということでもないように感じます。

(奇跡的な印象をもつことは大事)

 

 

セレンディピティと関係するだろう理論が存在します。

それは、「計画的偶発性理論」という

1999年に提唱された理論です。

「予期せぬ偶然の出来事(プランドハプンスタンス)」です。

この理論については、別記事にしてあります。

「計画的偶発性理論」についてはコチラをご覧ください。

 

 

求めよ、さらば与えられん

というのは、

神様にお願いするなど、そういうことではなく、

人が、何かしら困っている時、あるいは

真剣に(解決を)望んでいる時は、

そこに意識が集中(フォーカス)しているはずです。

 

フォーカスすることで、脳の働きが変化します。

関する情報、関しない情報の分別が素早くなります。

例えば、五感を通して入ってくる新情報と、

貯蔵(記憶)されている長期記憶とのマッチングも同じです。

また、

そのような時は人に相談したり、

何となく口に出していたりすると、

聞いた人がアドバイスくれたり、

関係する人を紹介してくれたりして、

さらなる情報が増えてきます。

そこからヒントが見つかったりするのです。

 

偶然の出会い、奇跡的な出来事などからも、

そこに隠されているヒントを掴んだりすることができます。

あるいは、

それらに主観的に意味や意義を与え、

新たに結びつけたりします。

偶然の出会いや出来事自体は、

交通事故や病気など悪いこともあるかもしれませんが、

そこに意味を与えて好転させるようなヒントを

見つけることさえもできるのでしょう。

 

この時の偶然の出会い、奇跡的な出来事などそのものを

シンクロニシティ(日本語訳:共時性)」(偶然の一致)と

考える人もいますが、

そこに興味を持ち、意味を持たせるかどうかが、

セレンディピティ」を発揮する

大事な場面だということです。

 

 

セレンディピティを活かす人は、

求めよ、さらば与えられん

だけでなく、

求めてなくても、与えられん

という人のような気もします。

 

つまり、

毎日、怠けてボーーーッとしている人には、

目の前に与えられているものがあったとしても

気づかないということです(笑)

 

知識、知恵、見識や人脈などのリソース(資源)がなければ

それが何なのかさえ気付かないでしょうから・・・。

 

そういった意味では、

セレンディピティのような能力は、

別に新しく身に付けるものではなく、

見失ったもの、気付いていないもの、

潜在的に眠っているものとして

呼び覚ませばいいことだと感じます。

特殊な能力とは私は思っていません。

 

「偶然または聡明さ・・・」の

聡明さ」」は必要になると思いますが・・・。

聡明」とは・・・(参考出典:Weblioより

・素早く見抜く知性

・関係を理解して区別する知能

・実際的な知性によって特徴づけられる

・特に高度に思考と理性の能力を持つ

・微細な区別を認識するか引き起こす能力を持っている、あるいは示すさま

・知識、経験、理解、常識、および洞察を働かせる能力

・学習の機敏さそして容易さによって特徴付けられる

・思慮深く分別があるという特質

・鋭い洞察によって示された抜け目なさ

・識別して、評価することによって意見を形成する特性

 

 

セレンディピティのような

潜在的に備わっているだろう能力は、

具体的な数値や行動で表現出来るものではないため、

必要な時に偶然に現れる能力、として

活かす努力を事前に得ておく必要があるのではないかと・・・。

 

そのためにも、

自己成長するための「修得」がポイントになってきます。

現状維持、停滞中では能力開発、成長はないということです。

 

 

自己能力をデザインする

 

常に新しい情報を脳にインプットする必要があり、

そして大事なのが、それを考察・分析しながら

アウトプット」していくことです。

 

その中で、他者と意見を交わしたり、

意見を聞いたり、議論したりして、

さらに磨きをかけていきます。

 

これは、組織に所属している場合、

重要な能力になりつつあります。

言われたことしかできない労働者に、

未来はないということです。

 

未来というのは、ただ生きていることではなく、

自己価値」という意味での未来です。

つまり、

キャリア・デザイン」の重要性です。

 

自分の能力を社会に役立てるために、

整理、調整、融合するというイメージでいいです。

(会社に雇用されるためとか、狭い意味ではなく)

 

組織内、社会での伝統的キャリアと

新たな自己キャリアを複合的かつ応用的に活かしていく

パーソナル&ソーシャル・ケイパビリティの強化が

これから重要視されることは間違いないでしょう。

 

「真のキャリア概念と強化」>>

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて