LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

他人の創ったものに素直に感動し、
自分も何か創りたいと思う人はクリエイター向き。
感動しつつここがこうだったらもっと良いのにと、
つい考えてしまう人は編集者やプロデューサー向き。
何でもすぐあら探しする人は、モノ創りには向いておらず、
例えば漫画ならそう遠くない将来、読者ですらなくなる。

by.樹林伸氏.1962.7.22生[小説家・漫画原作者]


(画像出典:http://natalie.mu

 

自らの人生に対して、

クリエイターになるか、

プロデューサーになるか、

周囲から無視される者になるか、

 

行くべき道は、

自分で決めることができます。

 

それは、

社会、会社、地域、組織・・・色々な場面において

自身がどう関わっていくか、

ということに大きく関与するのです。

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております