LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

「何もできない」という扉を開けずに、
「何ができるか」という扉を開けてください。

by.松本隆氏.1949.7.16生[東京/作詞家]

松本隆作詞家名言

 

人は、出来ない理由を探すのは得意分野。

 

「分からない」、「面倒くさい」とか思ったら、

速攻で、

『分かりません!!』

『出来ません!!』

と、簡単に口走るんです。

 

そして、中高年の人に多い「もんだ族」。

『○○って、そういうもんだ!!』

 

でも、それによって、

思考は停止するようになっているんです。

 

だれかが考えてくれる・・・

誰かが代わりにやってくれる・・・と思っている・・・

変えるのが面倒だから、従来のままでいい・・・

さえも思わない・・・

 

それでいいのでしょうか?

 

そんなに自分の能力を抑えて、

馬鹿のふりをするのが、そんなに楽しいのでしょうか?

 

あなたなら出来ると思って、

投げかけがあるんじゃないかなぁ〜・・・

 

もともと出来ないことなら、

あなたに投げかけなんてしない・・・と思いますよ。

 

もし・・・

 

あなたの右手が、

「何もできない」扉の取っ手を握っているのなら、

左手で

「何かができる」扉の取っ手を握るんです。

 

あとは勇気を振り絞って、左の扉を開けるだけ。

 

開けた時、不安もあるかもしれませんが、

何があるのかワクワク感もあるんです。

 

言えることは、扉の向こうは、

あなたが好きにデザインをしていいということです。

 

なぜ、左手かって?

 

それは、想像力に任せます(笑)

 

 

 

松本氏の作詞した曲で、作詞賞受賞した歌曲


寺尾聰 – Re-Cool ルビーの指環


松田聖子 / 小麦色のマーメイド

 

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

 

 

先頭へもどる

 

careerdesgine ご意見、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております