LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

 

「意識的行動」と「無意識的行動」という概念は、普段の生活の中で存在し得る2つの行動レベルです。

 

ジョゼフ・マーフィー博士の「顕在意識1割、潜在意識9割」の法則にもつながるお話しではありますが、(それについてはコチラ

「成功・成長する」「成功・成長しない」という結果に照らし合わせて今回お話ししたいと思います。

 

 

「意識的行動」と「無意識的行動」

 

2つの「意識的行動」

 

何か新しい物事に取り組む時点では、「行動」が「意識的行動」のはずです。

それが継続されることにより習慣化され、「無意識的行動」になるのですが、

その時に、人は大きく2つに分類されます。

 

1)指示されたことをひたすら(素直に)「行動」し、

・・「意識的受動性行動」として、それが習慣化されていく人。

2)指示されたことを個の理解(認知)で行動し、

・・「意識的主体性行動」として、それが習慣化されていく人。

 

人は、徐々に慣れが生じると、「意識的行動」を増やすか減らすかができます。

 

1)覚えたことを、ただ繰り返していく「楽」な道を選択する人は、

・・そのまま「無意識的行動」となるため、「意識的行動」が減ってきます。

2)覚えたことを、いかに応用し、またオリジナル性のある道を選択する人は、

・・「無意識的行動」を「意識的行動」によって、常に更新していきます。

・・慣れによって「意識的行動」がさらに活発になってくる状態です。

 

この2つのパターンは、時間とともに差が開いてくるのが分かります。

現状維持型」か「更新型」ということが言えるでしょう。

 

例えで言うと、

足し算、引き算が解けるようになった子供が、

解けることが楽しくて、永遠と足し算と引き算の問題を解いているタイプか、

足し算、引き算から掛け算、割り算にチャレンジしたり、

あるいは分数等の計算問題にチャレンジしたりするタイプか、

ということですね。

 

2つのパターンは、思考の変化も現れます。

 

1)の場合、失敗があった時、上司・先輩・顧客などの所為にします。

・・理由は単純で、言われたことをやっているため、そこには主体性がなく、

・・自分の責任ではないという意識が強いわけです。

2)の場合、失敗しても、自分の責任であることを自覚します。

・・主体性をもって意識的行動をしているため、失敗に対する自分の力不足、

・・準備不足等、自己受容することが容易であるということです。

 

ようは、「行動」というものに対する「姿勢」「想い」「思考」等々、

そこから違うということが言えるのではないかと・・・。

 

もし自分の好きなこと、心からやってみたいことを始めたとしたら、

それは「行動」というより「行為」とか「活動」とかになりませんか。

 

それと同様の想いとか意識が、そこに存在しているかどうかだということです。

一言でいうと、「エネルギーの集中度」が全く違うということですね。

 

ですから、成功・成長するためには、

「行動」ではなく「行為」「活動」になるべきなのです。

 

例えば、

ボランティアというものを、「ボランティア行動」とは言わず、

「ボランディア活動」と言います。

その他に「エコ活動」「政治活動」「健康促進活動」「部活動」など、

そこには、ハッキリとした目的意識が存在します。

 

誰かとコミュニケーション時に普段「行動」というコトバを使うにしろ、

自らの意識の中では、目的のある「活動」であるなら、

「成功・成長」につながっていくのです。

 

それが継続されることで、習慣化され「無意識的行動」へと変わるのです。

よって、「意識的行動」は新たな「活動」へと進むことが出来るのです。

 

 

「意識的行動」と「無意識的行動」の関与

 

「意識的行動」が継続され、習慣化されると「無意識的行動」になります。

ただマーフィーの法則で考えると、「無意識的行動」が9割とします。

 

人は「慣れ」てしまうと、甘んじてしまう傾向も強いため、

「無意識的行動」に支配される生活を送ることも多いのです。

これは「二重動機行動モデル」というものにも該当するのですが、

 

「二重動機行動モデル」の具体例としては、

・健康に害があると分かっているので、意識的に禁煙を持続した

(禁煙が習慣化されれば、禁煙ではなく喫煙に縁のない人になります)

・健康に害があると分かっているが、喫煙を止められない(禁煙できない)

 

人は、この両方の動機を持ち合わせているので、意識的に行動できるか、

これはコントロールできるかどうかということにもなります。

 

ですから、「意識的行動」の段階で、それが質の良いものかどうかを

意識する必要があります。

質の良い「意識的行動」が「無意識的行動」になれば、

それは普段から質の良い行動になるわけです。

 

当たり前の話しなのですが、

先ほどの「活動」「行為」ということで捉えると、そこでの目的意識が

その後の「無意識的行動」を左右すると、理解して頂きたいのです。

 

これも極端な例えです。

「活動」というのは、別にポジティブ的な行動だけではありません。

「テロ活動」「反政府活動」なども「活動」です。

「行為」も同様で、「犯罪行為」「不貞行為」なども「行為」になります。

 

当然、「成功・成長したい」人に、

そんな「活動」「行為」をする人はいないと思いますが、

目的意識というものが、どこに向かっているのかということを

見極めることも必要です。

 

そのために、人は学習し、知識を得ることで判別できるのです。

 

「意識的行動」と「無意識的行動」の関わりも大きいものです。

自身の中でコントロールするのは、「無意識」ではなく「意識」である

ということを踏まえ、日々成長していって欲しいと思います。

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて