「こうあればいい」という理想を説くのではなく、
「こうすればいい」という具体的な実践方法が大切。

by. 中村天風.1876.7.30生[東京/実業家・ヨーガ行者]

中村天風名言
(画像:天風会より、解説:Wikipediaより)

 

 

個人でも会社でもありますが、

希望的観測の生き方のパターンが多過ぎます。

 

「こうあればいい」

「理想はこうだ」

「あの人のようになりたい」・・・

 

客観的な意味で言っているのか、

主観的に言っているのか、

ただ、思うだけで何も行動しない、あるいは

昨日までの変わらない今日を送るということは、

変化を望む事は難しく、

変化を望むなら必ず行動しなければなりません。

 

闇雲に行動するのではなく、

確実に分析を行ない、メソッドが把握できたなら、

100%の確実性でなくてもスタートすることで、

何かしらの結果は生じます。

 

具体的な行動の中で、もし失敗したとしても、

その失敗の理由が検証できるのなら、

次はそれを改善するだけで成果への道に近づきます。

 

しかし、大半は失敗の理由を掴む事ができず、そこでリタイヤ。

それは、具体的なメソッドではなく、

抽象的であったために検証ができないのです。

 

「こうありたい」と夢のような人生を送りたいならいいのですが、

真剣に変わりたいのなら、具体的に行動するのみです。

 

 

 

 

 

ご購読ありがとうございます。

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ にほんブログ村 経営ブログ コーチへ

 

mail ご意見等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にてサポートしております。
ビジネス・マーケティングに関する基本情報「マーケティング入門」を発信中です。

 

totop