LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

前回お話しした「成長率4%=0のパラドックス」

の続きになります。(詳しくは別ページ

(初めての方のために復習もかねて)

同じことをやっていたら、年マイナス4%が減少することと同じであり、前年比4%増で、やっと成長率0(トントン)になるというものです。現状維持は、マイナス成長であることを流通ジャーナリストの故金子哲雄氏が語られました。

成長率4%=0のパラドックス

これは、人間も同様なのです。

4%という数値は該当しないでしょうが、

もし、毎日同じことの繰り返しをしている生活だとしたら、

先ずハッキリしているのは、歳を取っていくので、

現状維持というのは錯覚で、身体も心も脳も、衰退していくのです。

これは、誰もが理解できる部分だと思います。

 

例えの数値として、人間の(身体、心、脳の)老化が年1%とします。

年1%減となるのであれば、現状維持のために、

1%の老化防止策を施さなければならないということになります。

実年齢より、細胞が若いとか、骨が若いとか、脳が若いとか、肌年齢が若いとか、

そんな方は世の中に沢山存在します。

何かを施されているからだと予想がつきますよね。

 

これは、仕事などの ”成功・成長を望んでいる” 場合も同じことです。

 

成功・成長をするためには、行動ではダメ

 

人は、仕事を通して経験を積めば、それなりにノウハウが増えます。

これは、引き籠もりでネットサーフィンしていても、その人の情報は増えます。

主婦の方でテレビショッピングばかり視ていても、その辺の情報はスゴいです。

 

しかし、それだけでは成功につながることはありません。

目的意識のない、「ただ何となく」の行動ならば、現状維持でしかなく、

イコール衰退に繋がると考えた方がいいでしょう。

 

では、(数値は適当ですが)衰退率が1%ずつであるなら、

1%の成長因子では、結果0(トントン)です。

2%の成長因子で、成長率1%になります。

3%の成長因子で成長率2%、5%の成長因子で成長率4%です。

 

そうです。

「成功・成長したい人」は、

常に成長因子となる「行動」を行なう必要が あるということです。

そしてその「行動」が継続されれば、習慣化されます。

その習慣化された「行動」の質などが、

成長率に影響するといっても過言ではないのです。

 

では、その「行動」とはそもそも何を指すのでしょう?

 

成功しないのは、行動しないからだ!」

というセリフを聞いたことはありますか?

 

これは、昔から言われている

成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと

の名言にも繋がるセリフでもあるのですが、

確かに、行動しなければ何も生まれません。

ようは、成功もありえないですが、失敗もないわけです。

 

衰退と成長・成功の関係をイメージ図として下図のようなものを使います。

結果が、失敗でも成功でも資産価値が残るけど、

行動しなければ衰退になる、というイメージです。

成長率4%=0のパラドックス

 

失敗は、成功の母である

とも言われているように、失敗を恐れず行動し、

失敗しながら成功を掴むことができるということなのですが、

失敗を恐れない「行動」とは何なのでしょう?

 

よくよく考えると、

「成功したい、成長したい」と思っている人は当然行動していますが、

「成功したくない」と思っている人は逆に少数であると思うわけです。

ということは、多くの人は何かしらの「行動」をしていると考えられます。

 

「成功しないのは、行動しないからだ!」というのは、

あまりにも抽象的です。・・・逆に

「行動すれば、成功するのか」・・・と言えば、

その可能性は高くはありません。

 

一般論的な「行動」で考えると、どうしても、

「成功しないのは、行動しないからだ!」ということは当てはまらないため、

どちらかというと、

成功しないのは、行動するからである

と思うことにしました。

 

それは、何故か?・・・

 

結論から言うと、

「成功しないのは、行動しないからだ!」・・・の

その「行動」自体に大きな問題があると感じたのです。

 

多くの人が「行動」しています。しかし、成功者はほんの一握りです。

 

これを聞くと、人によっては「行動」が問題ではなく、

「マインドが弱い」とか「集中力がない」とか「忍耐力がない」とか、

精神的(心的)な部分の欠如を問題視しています。

 

しかし、例えばの話しなのですが、

ネット上で「社畜」とか「会社の奴隷」とかキツいコトバを使いながら、

そこから脱出しようと、アフィリエイト等のインターネットビジネスを

始めたのに、成功しない人たち。

 

そんなに嫌そうな会社、仕事を続けているのですから、どうみても

「マインドが弱い」「忍耐力がない」とはほど遠い、

とてつもない精神力の持ち主だと思うのです。

 

その会社で成功・成長しているかどうかは分かりませんが、

それでも続けているということは、精神力は抜群だと思います。

嫌になって転職を繰り返す人と比較すると・・・ですけど。

 

「成功しないのは、行動しないから」・・・

「成功しないのは、マインドが弱いから」・・・

当然そのような人もいるでしょう。 しかし、

絶対数からして、成功しない人が多いのは、

行動している、その「行動」に問題がある

と捉えた方がいいのです。

 

私は、このように思います。

成功・成長しないのは、

受動的な行動」になってしまっている傾向が強い、と。

 

例えば、インターネットビジネスで考えると、

「マネ(模倣)すれば簡単に成功するんだ・・・」という誤解から、

教えられたこと、マニュアル通りを行なう状況なので、

そこには目的があるにせよ、目的より手段(テクニック)が優先され、

結局は目的を疎かにし、継続できないがために、

成功しないという流れなのです。

 

そこには、本心の中で「そんな簡単に成功しないだろうけど・・・」

という思いが、「すぐに諦める理由付け」としてどこかに存在し、

「やっぱり成功しなかった!」と諦める理由が既に準備されており、

最悪時は、その成功しなかった理由を、

その「成功する方法を教えてくれた人」に責任転嫁できるように、

常に自分の選択を他者の所為にできる(責任を押し付ける)

”逃げ” の状態を作り上げているわけです。

 

これが、「成功しない」原因であり、

「成功しないのは、受動的な行動になっている」からなのです。

 

ご存知の通り、同じ教えであっても、同じマニュアルであっても、

成功・成長する人は存在します。

 

成功・成長している人は、成功しない人と違って

単純な行動、受動的な行動ではないことが分かります。

 

「成功しないのは、行動しないからである」をもっと臨場感出すために、

成功しないのは、チャレンジしないからである

にしてみてください。

 

そうです。

成功している人は、行動というより、常に「チャレンジ」しているのです。

 

「チャレンジ」って、能動的であり主体的であり、ポジティブですよね。

ただの行動ではないということです。

 

「いやいや、行動すればチャレンジでしょう」

と思われる方もいるかもしれません。

 

この「チャレンジ」というコトバも、実は日本人が使う場合、

「新しいことにチャレンジする」的なイメージで使用しますよね。

 

しかし英語圏の場合、この「Challenge(チャレンジ)」は、

「誰かに戦いを挑む」という意味合いの挑戦であり、

日本人がよく使う「新しいことに挑戦」は、「Try(トライ)」なのです。

 

「誰かに戦いを挑む」・・・この挑戦(チャレンジ)精神は、

リアルに戦いを挑むということでなくても、心のどこかで、

「誰か」の存在があると思うのです。

ライバルかもしれない、上司かもしれない、目前にする成功者かもしれない。

人でなくてもいいわけです、社会に対してかもしれない、組織かもしれない。

その挑戦する姿勢「チャレンジ」が、主体的な行動を生じさせるのです。

 

ここでは、他者への戦いではなく、自分との戦いの方が妥当でしょう。

今までの自分との戦い、昨日の自分との戦い・・・という考えです。

 

では、成功するためには、

「Try(トライ)」ですか?

「Challenge(チャレンジ)」ですか?

 

イメージ的に、成功するためには「Challenge(チャレンジ)」でしょう。

 

そのように考えると、

成長しないのは、トライ(Try)しないからだ」

成功しないのは、チャレンジ(Challenge)しないからだ」

 

ということは、

「成長するためには、トライ(Try)が必要であり、

 成功するためには、チャレンジ(Challenge)が必要である」

 

如何でしょう?

こちらの方が、受け入れやすいと思いませんか。(勝手ながら)

 

続く(2)へ>>

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて