大人のメンタル強化と社会人スキルを磨く自己価値成長企画INSPIRING@ぷらぷらライフワーカー

20%の人の思考

  • HOME »
  • 20%の人の思考

wallpaper3.net-18

”80%と20%”をイメージする

 

「80:20の法則」はご存知でしょう?

そう。

パレートの法則」です。

※パレートの法則の紹介ではありません。

(この法則の数値が正しいかどうかは別にして、)

v_pareto

 

この20%と、残りの80%は、とてつもなく差があるということです。

この差が問題ということではなく、

あなたなら、どのように考えるか!?・・・と捉えて下さい。

 

世界、社会、経済、会社組織、地域、そして

個人においても、この法則を当てはめることができます。

 

この法則の例えとして一般的に言われることが、

・会社の20%の社員が、売上の80%を作っている

・会社の売上の80%は、20%の顧客(20%の製品)で成り立つ

・人口の20%が、全所得の80%を保有している

・仕事の成果の80%は、費やした時間の20%から生じる・・・等々

 

(これを逆に考えると・・・)

 

あなたに出来る限りこの「20%の思考」を見出だして欲しいと考えています。

 

この社会、経済、会社組織、コミュニティーなどは、

実質的に少数派が多数に影響を与えていると言っても過言ではありません。

 

ということは、

現在も未来も80%側にいるのか、それとも20%側にいるのか・・・?

 

(誤解がないように)80%側がダメだということではありません。

数学的にも80%が存在するから、20%が存在します。

 

別に、偉くなろうとか、会社を立ち上げようとか、

そのようなお話しではなく、どの場所にいても、

あなたにとって、

少数派(20%)側に存在することがメリットであると考えられるのであれば、

その思考を取り入れることが必要になってきます。

 

たまたま20%側にいる人でも、80%側の考えと変わらない人もいるし、

80%側にいる人でも、20%側の思考を備えている人もいます。

 

(具体的な数字が存在するわけではありませんが、)

イメージしやすいように説明すると、

例えとして、20%側の5%分と、80%側の5%分は、

行ったり来たりしている状況ではないかと・・・。

 

ex1

 

そこに高い壁があるわけではないので、その交わる所は

混在していると言ってもいいかもしれません。(想像です)

 

ですが、80%側にいる人が、80%側の思考を持ち続けている限り、

20%側に入ることはありません。

20%側の思考があるからこそ、20%側に入る可能性が高くなる!

ということなのです。

 

別に特別な資格や経営の勉強をする必要もなく、20%側に入れます。

全ては「思考」、そして「活動」からなのです。

 

 

20%の思考” とは何か?

 

20%の思考とは、

  • 主体的思考
  • 能動的思考
  • 創造的思考
  • 自己実現的思考
  • 長期・戦略的思考

などが該当します。

 

反対に80%側の人の思考は、

  • 反応的思考
  • 受動的思考
  • 模倣的思考
  • 自我満足的思考
  • 短期・短絡的思考

などです。

 

では、具体例を上げながら解説します。

 

20%=80%

 

20%の時間・エネルギーで、80%の成果を生み出すこと

 

これは、個人的なことでも、会社組織でも同様のことです。

ダラダラと時間を費やしても、成果を存分に上げることは出来ません。

 

よくコンサルタントの話しで、会社の売上を2倍にするために・・・

客数を2倍、または販売数を2倍、または頻度(リピート)を2倍

などと言われています。  それは事実であり、

そのために、マーケティングなどが必要です。

 

しかし、売上を2倍にするために、

労働時間を2倍、エネルギーも2倍かけるのは、

ある意味、心身共に無理がたたります。

では、社員を2倍に・・・

もし、売上が伸びても、利益は当然減ります。

 

ここで考えるべきことは、

売上を2倍に・・・の前に、

2分の1の時間とエネルギーで、同じ売上にするためには?

と考えることが前提なのです。

 

これが20%側の人の思考です。

(誤解がないように・・・)

「楽(ラク)したい」・・・ということでもいいのですが、

20%側の人は、「他に時間とエネルギーを使うために」

という傾向が強いです。次の段階(ステップ)に進むために・・・。

 

ただ単純に「時間を短縮しよう」とか「残業を減らそう」とか

誰でも言えるようなことで実現できるなら、

どの企業、個人事業主が既に取り組んでいることでしょう。

 

しかし、そう単純ではないということ。

その企業、組織、形態などで違ってきますから、

そこに適した対策とアイデアが必要になるわけです。

 

一つ参考にして頂きたいのが、コヴィー氏著書「7つの習慣」にある

時間管理マトリックス」です。

また別ページで解説します。

 

 

「先ずは、行動しろ!」のウソ

 

「先ずは、行動しろ!」

と、たまに(?)言われますが、それは既に前提があるからですね。

その前提が分からないと、行動がムダになる可能性もあります。

 

例えば、

「富士山の登頂を目指しましょう!」・・・とした場合、

いきなり富士山に行って、登りますか?

今日突然登るにしても、それなりの準備と計画をしていくべきです。

 

さらに、80%の人は、頂上に早く辿り着ける方法を教わろうとします。

お金を出して、ヘリで行けばいいだけの話しです。

 

弾丸登山でも別にいいのですが、

成功の可能性は低くなるし、継続はできないでしょう。

 

20%思考の方は、今日登るにしても

瞬時に準備と計画をして、登ります。

※さらに言えば、20%思考の方は、普通には登りません。
誰も通っていない道を見つけて登ろうと考えます。
いや、富士山は他の人に任せて、さらに険しい劔岳に挑戦するのです。

 

そこにプロセスがあることを知っており、

そのプロセスのプランから始めるのです。

 

「先ずは、行動しろ!」ではなく、

「先ずは、行動するための行動をしましょう!

ということです。

 

そして、

20%の人の思考は、「自問自答から始まる」のです。

「これは正しいのか?」「他に方法はないか?」

「現時点のベストは何か?」

「何が不足しているのか?」

「誰かサポートしてくれる人はいるか?」

 

80%の人は、「他問他答」もしくは「自問他答」です。

「これはどうすればいいですか?」と他人に答えを求めます。

 

答えは、経験と知識の中から生じます。

 

そのために20%の人は、「修得、実践、考察」を繰り返しています。

 

ですから、それが出来ないなら、不平不満を言わず、

80%側で満足していることも悪くはないと思います。

 

 

20%の思考のために、コーチング系サポートをしております。

サービス内容

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて

 




 

自己価値成長コーチング・セッションのお申込み

おススメBOOK

       
【ページアクセス数】
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。