大人のメンタル強化と社会人スキルを磨く自己価値成長企画INSPIRING@ぷらぷらライフワーカー

リスクテーキング(リスクマネジメント)を知る

  • HOME »
  • リスクテーキング(リスクマネジメント)を知る
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

「リスク・テーキング」は「意思決定」です。これを行なうために「リスク・マネジメント」を理解する必要があります。これを学ぶことは、自社・自己のためでもありますが、さらに、顧客(消費者)に対するビジネス・オファーにおいて重要であることを、念頭に置かなければなりません。何故ならば、「リスク・マネジメント」を理解することで、「顧客のリスク(特に、痛みや迷いなど)を適切かつ合理的に、解決すること」が可能だからです。

 

リスクは、
あなたが何を行なっているのか、知らないことが原因だ。

by. ウォーレン・バフェット

 

リスク」とは

 

多くの方は、「リスク」をマイナスのイメージで捉えてしまいます。

成功する人と成功しない人の差は、ここでも大きく開きます。

先ず、

「リスク」とは、「危険」ではないということです。

リスクとは,リスクマネジメント

 

「リスク」とは、

利得性(便益性)と損失が混在しているもの。

「ハイリスク・ハイリターン」や「ローリスク・ローリターン」などと

言われている「リスク」です。

 

人は、「リスクが高い」という思い込みで決断しない、行動しない、

ということが多々あります。

大抵の場合、理論上とか科学的ではなく、ただ

目の前の「危険」(?)が待ち受けているためで、根拠より気持ちの場合でしょう。

(この場合、行動しない「リスク」を理解していないことが多い。)

 

そもそも、

「リスク」の語源は、イタリア語の「リジカーレ」からという説です。

「リジカーレ」とは『勇気を持って試みる』という意味で、

チャンスに対して、勇気を持ってチャレンジするか、しないかということ。

 

ただ、そのように言葉の意味は”分かった”としても行動できない人も大勢います。

それは、単純に「リスク」というものを誤解しているか、

「リスク」を間違えているか、「リスク」の対処の仕方を知らない・・・などの

現状があるからだと思われます。

 

リスクは、
あなたが何を行なっているのか、知らないことが原因だ。

 

というのは、「知っていれば」解決することも多くある、とも取れるわけです。

 

「リスク」を知る理由

 

今回、この「リスク」についてお話ししますが、

「リスク」を知ってもらいたい理由は2つ。

リスクテーキング,リスクマネジメント

 

(1)リスクマネジメントするため

(2)人の痛みや不安を取り除く方法を知るため  です。

 

人生において、「リスク」がゼロということはありません。

必ず「リスク」が伴います。行動しないという「リスク」も存在するからです。

どのような「リスク」があるのかを理解し、どの「リスク」を背負うか・・・と

いうことを考え、「リスク」をチャンスに変える者だけが「優位」に立つのです。

 

これは、

米国の進化生物学者ジャレド・ダイアモンド博士の著書「文庫 銃・病原菌・鉄」に、人種・国・地域が進化・発展した過程の中で、これら(銃・病原菌・鉄など)をいち早く取り組んだ(対処した)国や人種が、大きな発展をもたらしているとしています。先進国などがそうです。

いち早く取り入れた人種が圧倒的優位を手に入れた!

 

「リスク」が大きければ大きいほど、そこから得られる利得が大きいということです。

昔も今も変わらないため、「リスク」を超えられる力を得ることができます。

 

失敗は、人生の免疫である。 味わい尽くし、分析せよ。

by. 中島義道[哲学者]

 

「リスク」から逃げたいのは、他の人においても同様です。

誰しも、その「リスク」を背負いたくありませんし、回避したいと常に思っています。

同時に、「利得」を容易に得たい、と願っています。

 

だから、・・・「詐欺」に遭うのです。

「ローリスク・ハイリターン」を望んだために・・・。

 

 

一般的には、

人間の持つ「リスク」に対する不安回避法、改善法などがあれば、

興味を抱くことは多々あります。

ダイエットや化粧品だってリスク回避の現れです。

健康食志向や生命保険だって、リスク低減のための商品なのです。

そこに、ビジネスのネタが転がっていることになります。

人は、何に不安を抱き、何を恐れているのか・・・。

 

それが分かっていても・・・という方が身につけなければならないのが、

リスク・マネジメント」です。

 

リスク・マネジメント

 

リスク・マネジメント」というと、難しい!・・・と考え、

この時点で避けようとします。

(別に、知っても危険はないのですが・・・。)

 

リスクテーキング,リスクマネジメント

 

リスク・マネジメント」として、今回説明しておきたいのは、

(1)「リスク」の種類を理解する

(2)「リスクテーキング」を行なう   です。

 

リスク・マネジメント概要

 

「リスク・マネジメント」においては、次のことを理解しておきます。

リスク概念,リスク処理,リスクマネジメント

 

リスク概念」と「リスク処理」です。

マネジメントの構成としては、これだけになります。

一般的に使われている「リスク」概念は、

どちらかというと「ペリル(事故)」に対することで、ただ

それも思い込みである場合もあったりします。

 

本来は、

「ハザード」「リスク」「ペリル」「ロス」を理解した上で、

リスクが高い、リスクが低いと判断できれば良いのですが・・・。

 

そして、

マネジメントは「リスク処理」まで行ないます。

予想される「リスク」「ロス」などを、いかに低減・回避するか・・・

ということになります。

それが、

「情報活動」「企画活動」「選択活動」「実施、フィードバック」です。

 

「リスク」をゼロにすることはできませんが、減らすことは可能だということ。

これを実践の中で身に付け、取り組むことができれば、

優位に立つ」ことができるということになります。

 




リスク」の種類

 

「リスク」は、大分類として次の3つです。

心理的リスク,動的リスク,静的リスク,リスクマネジメント

 

(1)静的リスク

純粋リスクとも言われます。

これは、事件、事故、自然災害などの偶発的な事象です。

このリスクは、利得性は低く、損失性が高いものです。

想定範囲の損失対策は容易です。

例えば、

子供独りで歩かない、暗闇を歩かない、催涙スプレーなどを所持する、

護身術として合気道を習う、損害保険加入、災害非難対策の実施・・・等

 

(2)動的リスク

投機リスクとも言われます。

これは、政治、社会、経済、経営など外的変動が予測できないものです。

このリスクは、損失性もありますが、利得性も十分にあるということです。

損失対策は難しいリスクにはなります。

 

(3)心理的リスク

当然、全員対象となる、利得性も損失性も存在するリスクです。

各行動におけるリスクであるため、予想しやすいものは対策が容易です。

心理的リスクは、ニーズ・ウォンツも深く関わっています。

例えば、

快楽を得たい感情より、苦痛を回避したい感情のほうが、

消費行動を起こしやすい・・・というのも心理的リスクによるものです。

ダイレクトマーケティングや感情マーケティングというのは、

これを対策したマーケティングであると言えるわけです。

 

そして、ポイントになることは、

リスクは、常に変動・変化する」ということです。

 

リスクの大小は、リスクの大きさではなく、

リスクの性格で判断する。

by. ピーター・ドラッカー[経済学者]

 

4つのリスクとリスクテーキング

 

リスク・テーキング」とは、リスクに対する意思決定のことです。

リスクを理解した上で、それを背負って行動することと考えてください。

(リスクを知らずに起こす行動を不安全行動と言います。)

 

例えば身近な例でいうと、

交通事故というリスクを背負って、自動車の運転をする。

捕まるリスクを背負って、スピード違反、携帯電話ながら運転などを行なう。

食あたり、毒などのリスクを背負って、ふぐ料理や生肉などを食べる。

病気になるリスクを背負って、喫煙、飲酒をやめない。

解雇を覚悟の上で、社長・上司に進言する。・・・等々

 

リスク・テーキング」は普段の生活で行なっていることです。

しかし、

そこにあるリスクを理解せず、行動する、あるいは行動しない、と

いうことも実際には存在することを理解する必要があります。

 

この「リスク・テーキング」をどのように考えていくのか・・・

ということで参考になるのが、

ピーター・ドラッカーの「4つのリスク」です。

 

「4つのリスク」
負うべきリスク
本質に付随するリスクです。
予測も対策も可能なものです。
例:運送会社なら交通事故や商品破損など
宝飾店なら盗難や接客クレームなど
飲食店なら食中毒など
製造会社なら不良品や減産、資材価格高騰など
負えるリスク
失敗などで、多少の資金や労力を失うリスクです。
対策が可能です。
例:製造会社ならライン増設、新作投入など
化粧品会社なら新商品開発など
飲食店なら店舗改築、設備投入など
負えないリスク
失敗などで、膨大な損失があるリスクです。
また、成功しても、その成功を利用できないものも、
このリスクです。
例:リソースに見合わない投資、事業拡大など
負わないリスク
リスクを負わないことで生じるリスクのことです。
機会(チャンス)損失における取り戻せないリスク
になります。
チャンスを逃して大損するということです。
行動しないリスクがここに該当します。
例:新規業界や新規事業などの参入の機会遅れなど

 

この「負わないリスク」については、ドラッカーはこのように語っています。

勿論、何かを起こすにはリスクが伴う。しかしそれは合理的な行動である。何も変わらないという居心地のよい仮定に安住したり、ほぼ間違いなく起こることについての予測に従うよりも、リスクは小さい。

(ピーター・ドラッカー「創造する経営者」より)

 

大抵の人、会社は、「負うべきリスク」までは考えます。

「負えるリスク」と「負えないリスク」は、その都度の分析がものをいいます。

そして、成功・成長・発展させたいのなら、

「負わないリスク」を減らし、マネジメントを行ないながら、

「負うべきリスク」「負えるリスク」に近づけることがポイントになります。

 

この4つのリスクを選択することが、「リスク・テーキング」ということです。

 

事業の経営も人生も同様だと思います。

リスク・テーキング」をいかに行なっていくのか・・・

それは、「リスク」を理解し、その対処を的確・明確にしていく知識や能力を

身に付けることです。

 

それが、「リスク・マネジメント」ということになります。

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております。
⇒ 価値矯正プログラムについて

 




 

自己価値成長コーチング・セッションのお申込み

おススメBOOK

       
【ページアクセス数】
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。