大人のメンタル強化と社会人スキルを磨く自己価値成長企画INSPIRING@ぷらぷらライフワーカー

ビジネスメンタルスキルの概念

  • HOME »
  • ビジネスメンタルスキルの概念
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]

ビジネススキルは外部要素で、ビジネス「メンタルスキル」は内部要素です。(下図参照)
この「メンタルスキル」がビジネススキルを制御する役目を担っています。ビジネススキルばかりに気を取られてしまう場合、”金儲け主義”的になりがちです。真のビジネスを継続していくために「メンタルスキル」を中核とすることは、重要課題なのです。

 

mentallskillメンタルスキルとビジネススキルの関係

 

ビジネススキルとビジネス「メンタルスキル」は、内外の関係であり、「メンタルスキル」が主体であると言えます。

※メンタルスキルとは、ビジネスのみならず社会生活する上で必要なものです。このサイトでは、ビジネス環境を踏まえた上でのメンタルスキルになります。

 

ビジネスメンタルスキルの考え方

 

ビジネススキルとメンタルスキルの関係の仕組みは、特別なことではなく、あの有名な『7つの習慣(コヴィー氏著書)』にある「インサイド・アウト」と同様のフローであることが分かります。

inside-out,インサイドアウト,7つの習慣

 

ビジネスメンタルスキルの本質

 

ビジネスメンタルスキルの要素も数多くあるはずですが、ここでは本質として3つのコアを念頭においています。

 

3factor_mentalビジネスメンタルスキル本質

 

個の制御」とは、セルフ・コントロールの概念です。人には、欲求(願望、夢など)が存在します。動物と違うものとして、この制御機能が発達しているということです。課題は「制御できているかどうか」ということになりますが、マインド的メンタルスキルとしてコア要素になります。

個の基準」とは、行動・思考などの基準となるものです。この基準は個々人で違いますが、その基準によって人の行動や思考が確定します。「なぜ行なうのか?」「なぜやらないのか?」の基準になるものを明確にすることで、さらに行動・思考が一貫性を保ちます。ハート的メンタルスキルとしてコア要素になります。

集団の個」とは、社会の中の個人として存在することです。人間の本質でもあります。社会・集団の中でいるべき個であることは理解しても、どのようにあるべきか、ということを考える必要があります。精神的つながり、人間性、道徳性、徳性などが不可欠となります。スピリッツ的メンタルスキルとしてコア要素になります。

 

ビジネスメンタルスキルのコア(個の基準)

 

このビジネスにおける「メンタルスキル」個の基準のコアとは、次の3つです。

 

3factorビジネスメンタル3コア,価値観,目的,使命

 

 

使命価値観目的です。

この3つのコアが明確であることで、制御(セルフ・コントロール)することができます。

この使命(時には目的)が、後述の「Why」に該当していきます。

自分の「使命」というものを考える時、自然に自分以外の他者(環境も含め)が関与してくるはずです。(ムリすれば自己に対する使命という意識も生じますが・・・論外です)

その際、他者となる家族・友人知人・会社・地域社会などに対して自分がどのように関わっていくのか・・・ということを踏まえながら考えていきます。

 

人生における使命というものは、
つくるものではなく発見するものである。
すべての人は人生における独自の使命あるいは仕事を持っている。
その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、
代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。したがって、
すべての人に与えられている使命とそれを実施する機会は、
その人独自のものである。

by. ビクター・フランクル

 

価値観に反する仕事は人を堕落させる。
強みすら台無しにする。

by. ピーター・ドラッカー

 

自分の人生の意味と目的を理解し、
その実現のために行動できれば、
人生の満足感と幸福感は上昇する

by. サイモン・レイノルズ

 

 

実際、ビジネスの活動をするにあたり、「メンタルスキル」のもう一つの要素としてあるのが「目標」です。

「目標」は、最初から大きな設定をする必要はありません。既にある方は、具体的なステップを組み立てていきます。

ビジネスを行なう上でポイントになってきますので、「目標」についても別でお伝えします。

 

 

ビジネスメンタルスキルを身に付ける

 

問題は、「メンタルスキル」のコアとなる使命、価値観、目的を確定(可視化・文書化)させたからといって、それでコントロール(制御)できるわけではありません。表向きでは意味がないということです。

メンタルスキル」は、身に付けることが重要です。

そのためにも日々意識して行動していくことになります。意識して行動するとはどういうことかというと、毎朝毎晩読み上げたり、1日を振り返り分析、反省、見直しなども行なっていくということです。

そうすることで、コアが脳にも心にも染みつきます。徐々に、ビジネスメンタルスキルのコアを主とした活動が無意識なものとなっていきます。

これが「習慣化」です。

ビジネス「メンタルスキル」は、「習慣化(継続化)」させることで身に付けていくことができるのです。

イメージ的には、次の図のように、習慣化されることで「メンタルスキル」が確立されます。さらに、確立されたことで、それに応じた「アイデンティティ」が形成されることになります。

 

mentalメンタルスキルの関連性

 

では、何をする必要があるのか?……簡単に言えば「習慣化」のノウハウを理解し、修得することです。

習慣にすべきことは、大きく分けて”5つ”あります。

 

  • 言語習慣
  • 行動習慣
  • 思考習慣
  • 修得習慣
  • 対人習慣

 

です。

重要なこの5つの習慣を、使命・価値観・目的(・目標)をコアとして善なるものを身に付けていくことが「メンタルスキル」の概念となります。

これなくしては、ビジネススキルを継続的に活かすことは出来ず、途中で諦めたり、失敗してくじけたり、あるいは利己主義になったりします。

メンタルスキルが強化され、アイデンティティが形成されていくことで、外的要素であるビジネススキルにも磨きがかかり、それによって外的への影響も強くなってきます。まさしく、インサイドアウトの概念です。

メンタルスキルmentall,アイデンティティ,ビジネススキル,インサイドアウト

 

ですから、ビジネススキル以外のビジネスメンタルスキルを重要課題として、ここではお伝えしています。

 

 

ビジネス構築のフレームワークとメンタルスキル

 

ビジネスを始めると、マーケティングのプロセスR-STP-MM」を行なうことになります。

別ページ「R-STP-MMを理解する(基本編)」にて解説していますが、その中の「MM」は「5W2H」の思考でも実行可能です。

当方では、”Why”を含めた「6W2H」を基本としてお伝えしています。

 

6W2H,5W2H,マーケティング

 

この「6W2H」の”Why”が、「ビジネスメンタルスキル」のコアに該当します。

Whyなぜ)という意識は、その他の「5W2H」よりも先立つことが良いと考えていますが、勿論、同時進行でも構いません。

メンタルスキル

 

という意味合いがあり、いわゆる「What for」ということになります。これは、ビジネスにおいては重要タスクです。

一般的にビジネスやマーケティングを学ぼうとする場合、ビジネスのノウハウ、ビジネススキルを中心に学ぶことが多いのですが、ビジネススキルだけでは、成功し得ないということが多々あります

ビジネススキルは外部要素であり、その内部要素がビジネスメンタルスキルであるということで、その要素の一つが「Why」であり、目的・使命に該当するのです。

これを明確にしない限り、ビジネスの継続的成功はありません。

 

<<R-STP-MMを理解する(基本編) 

マーケティングを理解する(全体像)>>

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己価値を向上させる「価値矯正プログラム」にて、キャリアデザインのためのサポートを行なっております

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中

 




 

自己価値成長コーチング・セッションのお申込み

おススメBOOK

       
【ページアクセス数】
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。