大人のメンタル強化と社会人スキルを磨く自己価値成長企画INSPIRING@ぷらぷらライフワーカー

R-STP-MMを理解する(基本編)


 

情報をどこで見つけ、どう使うかを知りなさい。
それが成功の秘訣だ。

by. アインシュタイン [物理学者]

 

アインシュタインのコトバに、マーケティングに通ずるものがありました。

 

今回は、現代マーケティングの父と言われるフィリップ・コトラー氏の提唱している

超有名なフレームワーク『R−STP−MM』です。

これは、マーケティングを行なうためのプロセス(手順)です。

r_stp_mm

R-STP-MMとは・・・

 

」・・・・・ Research(リサーチ)
STP」・・・ Segmentation(セグメンテーション)
Targeting(ターゲティング)
Positioning(ポジショニング)
MM」・・・・ Markting Mix(マーケティング・ミックス )

 

では、それぞれを簡単に説明します。

 

Research(リサーチ)

 

リサーチは、ご存知の通り、「調査・分析」です。

リサーチの目的は、マーケット・市場の声を拾い上げること・・・

だけではなく、3者におけるリサーチが必要です。

 

その3者のリサーチとは

・市場リサーチ・・・・・・Customer(カスタマー)分析

・競合者リサーチ・・・・・Competitor(カンペティター)分析

・自社・自分リサーチ・・・Company(カンパニー)分析

 

これは、別ページ「マーケティングを理解する(続編)」にて

図(下図参考)で解説したのですが、これに付随するものです。

 

マーケティング定義

 

マーケティングの3C」と称されているものに該当します。

 

マーケティングの3C

 

リアル、ネットを併用して、できるだけ多く、正確に収集することですね。

※ただし、ネット上の書き込み自体は鵜呑みにしない。裏を取ること。

 

リサーチの手法は数多くありますが、

近年インターネット普及により、その手法は増え、変化し、

また、消費者の生活や趣味などの多様化によって、どのリサーチが良いのか、

その業態によって、試行錯誤している状況であると言えます。

 

リサーチ手法として・・・

  • 定量調査(アンケートやリスニング調査)
  • 定性調査(座談会等のグループインタビューなど)
  • リサーチ会社の活用
  • SNSコミュニティ参加による直接の声
  • GoogleキーワードAdwordsなどの確認
  • ネット上のQ&Aフォーラムなどの確認
  • ライバルを含む売れ行き調査など
  • 学者・著名人からの調査
  • その他諸々

 

◇リサーチのためのフレームワーク

せめて、知っておいた方がいいのですが、一般的に使われている

1.PEST(ペスト)分析

2.5(ファイブ)フォース分析

3.SWOT(スワット)分析

 

さらなる詳細は、各々別ページで。

 

 

STP

※詳細は各ページで

Segmentation(セグメンテーション)

・・・市場の細分化を行います(詳細はコチラ

Targeting(ターゲティング)

・・・ターゲットとなる顧客を絞り込みます(詳細はコチラ

Positioning(ポジショニング)

・・・市場上での位置を明確にします(詳細はコチラ

 

このSTPは、時代背景の中で変化していく市場を見定め、

大衆全員相手のビジネスではなく、ターゲットを絞り(選択し)、

経営資源を集中させる目的があります。

 

STPの順番は決まっておらず、また別々のプロセスでありながら、

関係性が深いため、同時に行なうことが稀にあります。

 

その時のプロダクトの性質、状況・環境、経営資源のボリュームに合わせ、

臨機応変に進めて下さい。

 

 

MM(マーケティング・ミックス)

 

MMは、ターゲティングしたマーケット・市場、

いわゆるお客様に望ましいな反応(行動)をしてもらうため、

具体的な複数のプロセス要素を、バランスよく組み合わせ、

より明確に、かつ戦略的に立案、実行段階まで計画することです。

 

マーケティングにおける戦略戦術(政策)であるとも言えます。

 

MM(マーケティング・ミックス)は、

マッカーシー氏提唱の「4P」をベースにした「7P」、

ローターボーン氏提唱の「4C」、

そして、共生マーケティング「4C」をベースにした「7C」があります。

これらは、

マーケティングを行なう際、シンプルなフレームワークとして

多くの方が活用していると思われます。

 

マーケティング・ミックスについては、別のページで確認頂けます。

「マーケティングミックス(4Pと4C/7Pと7C)」>>

 

参考:「4P」+「4C」以外の方法

 

5W2H

 

が、シンプルに考えることができるフレームワークでしょう。

 

初めてビジネスを行なう方、あるいは個人事業かつ初心者の方は、

5W2Hの方法が分かりやすいかもしれません。

 

5W2Hとは、

5W・・・

Who(誰が), Whom(誰に), What(何を), When(いつ), Where(どこで)

2H・・・

How to(どのような方法で), How much(いくらで)

を現します。

 

そして、そこにもう一つ大事なのが、Why(なぜ)です。

ですから、私は「6W2H」を基本としてお伝えしています。

 

6W2H,マーケティング

 

ただ、このWhyは、この時点ではなく、もっと前に設定しておく必要があります。

なぜなら、それが活動のための ”理由≠目的≠原点” にもなるからです。

 

詳細は、別ページ「ビジネスメンタルスキル」にて。

 

 

フィリップ・コトラー氏の提唱するプロセスとして。

R−STP−MM』の後に、「I−C」があります。

」・・・ Implementation(インプリメンテーション)
計画した戦略に基づいて、実践・実行する段階です。
」・・・ Control(コントロール)
コントロール・管理します。
フィードバックされたデータを分析し、
再確認・問題提起・改善などを行なっていくのです。

 

こちらは、マーケティングプロセスの後半になりますので、

別の機会に説明したいと思います。

 

r_stp_mm

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中
⇒ マーケティングについてのメニュー

 




 

自己価値成長コーチング・セッションのお申込み

おススメBOOK

       
【ページアクセス数】
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。