大人のメンタル強化と社会人スキルを磨く自己価値成長企画INSPIRING@ぷらぷらライフワーカー

「マーケットイン」と「プロダクトアウト」

  • HOME »
  • 「マーケットイン」と「プロダクトアウト」

 

マーケティング」を行なうのは、ビジネスを成立させるためのプロセスです。

ビジネスとは、「価値と価値の交換」であることは、「ビジネスとは何か?を理解する」でも説明しています。

 

マーケティングにおける価値と価値の交換marketing

 

それでは、その「価値と価値の交換」に適した供給側(販売側)の「価値」たるものは、どのように求めれば良いのか・・・ということを考える前提として、

今回のテーマ「マーケットイン」「プロダクトアウト」について解説します。

 

 

「マーケットイン」と「プロダクトアウト」

 

「誰に」(お客さん・マーケット)と、「何を」(私・プロダクト)の関係を理解した上で、実際にビジネスとなり得るプロダクト(商品やサービス)を考えていくことになります。

このプロダクトを制作するにあたって、2通りのフローがあるのですが、それが「マーケットイン」という考え方と「プロダクトアウト」という考え方です。

「誰に」(需要)側が求めているだろうニーズ・ウォンツをもとにプロダクトを制作し、マーケット(市場)に売り出すことを「マーケットイン」と言い、

 

「何を」(供給)側であるプロダクトを、自らのノウハウ・技術・智慧・リソースなどをもとに作りたいモノを作り、市場に売り出すことを「プロダクトアウト」と言います。

 

マーケットイン,プロダクトアウト,marketing

 

「これでお客さんの悩みも解決できますよ」的な売り出しが「マーケットイン」なら、「こんなスゴいもの作っちゃいました。いいでしょう!?」的な売り出しが「プロダクトアウト」という感じです。

昔(高度経済成長期前)と現代では、大きく変わってきている市場ですが、どちらが良い・・・ということではなく、どちらの立場に現在いるかを考えます。

 

 

「プロダクトアウト」

 

「プロダクトアウト」を主とする「何を」の立場なら、ハイリスクですが、挑戦(チャレンジ)することになります。

ハイリスクである理由は、”自分が良い商品”と自信を持っていたとしても、”お客さんが欲しい商品””市場が望んでいる商品”かどうかは別問題だからです。

『いい商品なのに、なぜ売れないんだろう?』という社長さんがいるのですが、売れないのは、市場が求めていないからということに気付いていないからです。

このような経営者は、別ページ「ビジネスとは何か?」にヒントがありますので、再度確認して頂く必要があると思います。

「プロダクトアウト」のスタイルを貫き通すのは、匠の技とか言われている職人さんなどがそうです。

img-sankoあるいは、

近年の「ガリガリ君コーンポタージュ味」とか「桃屋の食べるラー油」などは、完全に「プロダクトアウト」の考え方です。

市場の「誰に」に対して、どんなにリサーチしても、そんなモノを欲しがる人は皆無だったでしょう(笑)

しかし、バカ売れました。

 

もし、

初めてビジネスをやろうとする場合、どんなに素晴らしい技術を備えていたとしても、「マーケットイン」が無難な選択です。

素晴らしい技術(スキルなど)を備えている場合、コモディティ化(一般化)している市場のプロダクトを新たな付加価値として開発し、「プロダクトアウト」することは可能です。

それでもハイリスクなので、結果オーライを覚悟します。

例えば、

コモディティ化しているプロダクトを、匠の技として高級感を付加価値としたコレ!

高級耳かきです。

 

 

このようなプロダクトが「誰に」に受け入れられた場合は、価格が高めでも売れてしまうものです。さらに、ファン化(リピーター客)につながる可能性も考えられます。

 

既に、プロダクトとなる「何を」をお持ちの場合は、「誰に」を確認していきます。

この時、マスメディア(テレビCMや雑誌等)を利用できる場合はともかく、資金に限りがあるでしょうから、大多数の「誰に」ではなく、少数の「誰に」になります。
極端なことを言えば、「一人に絞る」という考え方です。

これを「ターゲティング」と呼びますが、これについては、別途に。

 

プロダクトである「何を」がない方、新たにプロダクトを検討の方は、「誰に」「何を」のどちらが自分に適した戦術が組めるのかを考えるのですが、その時に必要なのが、

ポジショニング」になります。こちらも別途に。

 

 

「マーケットイン」

 

「マーケットイン」を主とする「何を」の立場なら、必然的にマーケットのリサーチをすることになります。

ようは、

市場の求めているモノ、望んでいるモノなどを探し出すために調査し、それに応えられるようなプロダクトを制作するノウハウ、リソースがある時に、具体的にプロダクト企画を行なっていくことになります。

勿論、簡単に見つかるようなことではありませんので、察知力、洞察力が必要とされ、時間と労力を要することになります。
ですから、出来る限り自分の出来ることをピックアップし、その範疇でリサーチをかけていくことになるのです。

 

リサーチについては、別ページ「R-STP-MMを理解する」でも解説しています。

 

「プロダクト企画」(1)についてはコチラ>>

 

 

もし、・・・

プロダクトを考え、準備するのが面倒だという方は、他人のプロダクトを活用するということも可能です。それは、委託、代行、代理、提携、FC(フランチャイズ)等とされるアウトソーサー的立場をとることです。

資金や目的がある方であれば、FCや代理店ということでビジネスを始められます。

資金も時間もさほどないという方で、ビジネスを始めてみたい方は、行ないやすい方法が、ネットビジネスにおけるアウトソーサーの立場になることです。

 

インターネットビジネスの魅力は、低資金で、かつ好きな時間に、在宅または外出先で実践できるビジネスであるということです。

これについても、別途に。

 

 

ご購読頂き、ありがとうございます。

ご意見等ございましたら、お気軽にお送りください。
⇒ お問い合わせフォーム

先頭へもどる

 

自己を仕事やビジネスに活かす、ための基本情報「マーケティング入門」を当ブログサイトで発信中
⇒ マーケティングについてのメニュー

 

 

【選抜推奨PR】
─────────────────────────
ビジネスセミナーから、コーチング、資産運用まで、
探せるポータルサイト「セミスタイル」
マネーや経済に限らず100種類以上のセミナーを公開中。
─────────────────────────

自己価値成長コーチング・セッションのお申込み

おススメBOOK

       
【ページアクセス数】
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。